家系図の作成には行政書士資格が必要というエントリーを書いたところ、小山陽子@DosTigresお姉さまより、「家系図専門行政書士」を名乗られる方がいるということを教えて頂きました。それがこちら。

家系図作成委員会

No1Kakeizu1

家系図の作成には行政書士の資格が必要なのですが、まさかそれを専門にしている行政書士の方がいたとは!

突き詰めていくと奥が深い世界なのでしょうね、きっと。

やはり気になるのは「どこまで遡れるでしょうか?」ということだと思うのですが、「約85%の方が江戸時代の末期まで遡れました」ということです。

なんと、江戸時代の末期まで。

家系図なんていらないと思っていたのですが、ぼくもこの年齢になると、さまざまなところで“記憶”が消えつつあります。

このウェブサイトを見ていて、なんとなく、先祖が生きてきた足あとを残したいな、と思ったりもしてしまいました。

現地調査は行わずに、戸籍簿から家系図を作成するため、5万73,500円でできるのだそうです(父方母方両方だと95,000141,750円)。

追記:値上げしておりました。

古い戸籍簿は80年で処分されてしまうそうなので、どうせ作るなら早めの方が良さそうですね。

親戚は多いのですが、あまり先祖の話は聞いたことがないので、どんな人がいたのかくらいは、記録に留めておいてもいいかも。