これからのトレンドは、フリーレント物件!という記事より。

「フリーレント」とは、直訳すれば「ただで借りる」ということ。契約してから最初の1ヵ月間、中には3ヵ月間、家賃を払わなくてもいい物件のことです。

「フリーレント」というのは初めて聞いたのですが、読んで字の如く、ただで借りられる物件のことなのだそうです。ずーっとではなく、もちろん1カ月、2カ月と決まっています。

なんでタダで貸してくれるの? という疑問がわいてくるのですが、そこにはちゃんと理由がありました。

賃貸では「隣の部屋との家賃が違う!」というトラブルが起こることがよくあります。ですから、できるだけ賃料は下げたくありません。また、礼金はなしにすることもありますが、敷金は退去するときの原状回復や、入居中のトラブルに対応するための預かり金という意味もあるため、なくすことはなかなかできません。そうなると、フリーレントという制度は理にかなったものだといえるのです。

なるほどですね〜。ランニングコストはそのままだけど、とりあえず入会金をタダにしますよ的な感じでしょうか。これだったら大家さんとしても計算しやすいですね。

もちろん、短期での解約にはペナルティがついたりするので、注意が必要みたいです。

簡単に言えば、1〜2年程度住むだけだと分かっているなら、フリーレントはお得。でも、長期間すむつもりなら、フリーレントしてもらうより、賃料を下げてもらったほうがお得でしょう。

なるほどなるほど。都心の15万円以上のマンションで「フリーレント」が増えているということなので、部屋を探している人は検討してみると良いかもしれませんね。