今年も北海道サマータイム 規模拡大、1万2000人参加という記事より。

夏に出勤・退社時間を1時間早め、明るい時間を有効活用するサマータイムの実験が20日、札幌市などで始まった。

北海道では「北海道サマータイム」という名の実験を行っているそうです。期間は6月20日から7月31日までの42日間で、今年が2年目なんだそう。

へー、こんな実験を行っているんですか。知りませんでした。札幌市以外に5市町にも広がっているそうで、規模は昨年の2倍以上となる約470の企業・団体、12,000人が参加しています。

ぼくも一人でプチサマータイムを推進中ですが、ここまで規模が大きくなってくると地元の経済にも影響が出てくるんでしょうね。

昨年、退社後の余暇の過ごし方に困るとの声があったことを受け、今回は夕方に割引料金で利用できる飲食店やゴルフ場が登場。

早く仕事が終わったら早く家に帰ればいいのに、とか思うんですが、それじゃ経済効果がないですか? でも夕方割引で利用できる店舗ができるのは良いことですね。

中央区あたりで実験してくれないかな。是非、参加したいです。