毎月1万からの1000万円計画!という記事がありました。

さて、1000万円を準備する一番効果的な方法はなんでしょう? 株? 為替? 先物? いえいえ、一番確実で効率的なのは「毎月積み立て」することです。

「1万円を1カ月で運用で2万円にするのはプロでも至難のわざ」ということで、「元本を定期拠出し続けることは運用の基本」なんだそうです。

しかし、1万円だけ貯蓄していると、1,000ヶ月かかる訳で、1,000万円が貯まる頃にはこの世にいません。なので、運用して60歳になる頃に1,000万円になるように計画しましょう、というお話。

30歳になったらとにかく毎月1万円貯めたとしたらどうなるでしょう。60歳までがんばったとしたら、30年ですから360万円が黙っていても積み上がります。これが元手です。30年にわたって、年平均6.0%程度の運用ができれば30年後には1000万円を達成することができます(手数料や税金を除いた実質利回り)。

とか、

夏と冬のボーナスごとに5万円追加してみましょう。これだけで元本が660万円になりますから、利回りは平均2.6%程度あれば1000万円が達成できます。

ということです。

確かに、ぼくらの世代は年金や退職金などをあてにできる人はそんな多くないような気がしますから、今の内から何らかの対策は立てておくべきで、毎月1万円とはいえ、やはり塵も積もれば、な訳ですよね。

1,000万円が必要になるシーンとして、

・子どもの学費は1人1000万円を覚悟すべし!
・住宅購入に1000万円!

とかって、実際にこれらは老後の前に必要なお金ですしね。銀行に貯金するだけでなく、一部は投資信託などを利用するというのも一つの手でしょう。