住宅を「所有したい」と思う人は79%、内閣府調査より。やはり老後を考えたりすると「所有したい」という人が多いということなんでしょうかね。

現在住宅を所有しているかどうかや将来相続できる住宅があるかにかかわらず、住宅の所有についての考え方聞いた。「所有したい」と答えた人は79.0%、「所有する必要はない」は12.1%、「どちらでもよい」は7.8%という結果になった。