痛みを和らげ口内炎を早く治すコツという記事より。

知らない間に、口の中にぽつんとできる口内炎。痛くて食事がおいしく感じられないだけでなく、繰り返し口内炎ができると仕事にも集中できない。だが、口内炎は、体調管理によってある程度防ぐことができる。また、口内炎ができてしまっても、適切な対策をとれば、痛みも少なく早く治すことができるのだ。

いや~ですねぇ、口内炎。普段は美味しいものも、美味しくなくなります! できるだけ早く治したいですね。ということで、コツが書かれた記事です。

自分の口内炎のタイプを知り、

1.白く小さいくぼみが、1、2カ所できて痛む
2.水疱ができて痛みがあり、熱が出る
3.ほおの内側や舌が、苔が生えたように荒れる
4.歯肉や舌、ほおの内側の粘膜が白くなり、痛みがない

ビタミンを摂ったり、水分をとって、口の中を常に湿った状態にしておくことなどが大切だそうです。

さらに、ゆっくりと休養することも効果がある。ストレスや疲労がたまると、口の中が乾燥したり、サラサラした唾液が少なくなったりする原因となるからだ。

他には「口内炎用の軟膏や貼り薬が、薬局で1000円前後で購入できる」そうです。そんなのもあるんですね。

歯育て上手は子育て上手―ムシ歯・歯ならび・歯槽膿漏・偏食・口臭・口内炎