NTT東西、電話料金の値下げと県内一律通話料の割り引きサービス導入です。

NTT東日本およびNTT西日本は、2005年1月より電話料金の価格改定を実施する。プッシュ回線を利用する住宅向けの場合、加入電話の月額料金が税別で240~440円値下げされるほか、県内通話料を距離に関わらず一律とする新たな割り引きサービスを導入する。

ようし、来た! ソフトバンクとKDDIに刺激され、ついにNTT東西も動きました。基本料金の値下げです。オプションサービスだったプッシュ回線機能が廃止され、代わりにプッシュ回線用の基本料金プランが新設され、従来プランと比較して税別で240~490円安くなるんだとか。「現在プッシュ回線を利用しているユーザーは、2005年1月よりプッシュ回線用プランに自動で移行される」というのも安心。 さらに電話料金の明細などをWebで確認できる「@ビリング」を申し込むユーザーは月額料金が100円割り引かれるとのこと。

料金値下げに加えて、県内の一般加入電話への通話料を一律とする割り引きサービスも導入。月額料金は無料で3分8.925円のプラン1と、月額105円で3分7.875円のプラン2の2種類が用意される。どちらもユーザーの申し込みが必要で、11月より受付を開始、2005年1月よりサービスを開始する。

これは県内通話ですからね。かなり思い切った料金設定ではないでしょうか。ソフトバンク、KDDIを検討していた利用者も、これで踏みとどまることでしょう。ということで、お次はソフトバンクとKDDIの再攻勢があるのでしょうか?

■関連記事

東西NTTが新固定電話に対抗,基本料値下げにプッシュ無料化

会見場に現れたNTT東日本の有馬彰取締役経営企画部長(写真)は開口一番「ドライ・カッパーを使った少し安い電話が出てきた」と日本テレコムやKDDIの電話サービスを一蹴。「若干古い遺物があったので整理をし,競争対抗上の対策を出した。十分に戦える水準だ」と余裕の表情で語った。

NTTコムも通話料値下げで参戦,直収電話は「研究中」

PL@TINUM LINEの通話料は,距離区分に応じた通話料制度を廃止し,市内・県内市内が3分8.4円,県間通話が3分15.75円の一律料金となる。携帯電話への通話料金も,一律3分55.125円にした。国際電話の通話料は,従来より4割引き下げる。月額基本料などは不要である。