沖縄への転職チャンスが増加しているという記事がありました。

しかし、問題は「仕事」です。何しろ、沖縄県の失業率の高さは日本一。すでに移住に踏み切った人も、職探しには苦戦しているようです。「沖縄で暮らしたい」「やりがいを感じられる仕事をしたい」を両立するのは、難しいのでしょうか? 今回は「沖縄への転職」の現状についてお話しします。

沖縄を訪れる誰しもが「ああ、こんなところに住んでみたい」と思うはず。爽快な気候、美味しい食べ物、そして何より過ぎていく独特の時間に大きな魅力があるのではないでしょうか。しかし、ただでさえ転職は難しいのに、知らない土地に行き、さらにそこが失業率日本一だったとしたら‥‥ということで、この記事では「最近、沖縄では、首都圏でビジネススキルを身につけた人材を求める傾向が見られます」といった動向が紹介されています。

もともとは、国庫や米軍基地からの収入で潤っていた沖縄県。競争原理が働かないため、成長性が低く、中小企業や零細企業が多くを占めていました。ところが、近年、本土の企業の進出が活発化してきました。そこで、沖縄の企業でも、本土企業に負けない能力を持った人材を確保し、競争力を高めようとする意識が強くなっているようです。

なるほど。これはうなずけます。また沖縄ではコールセンターが増加していますが、管理をするマネージャーのニーズもあるそうです。「ほか、IT企業の事業部誘致に伴い、製造技術者、品質管理、SEなどの求人ニーズも生まれています」ということで、IT系職種の人にとっては、少しチャンスが広がっているのかもしれません。いずれにしても、今の自分を磨いておくことが大切です。

「どんなに美しい海でも、1ヵ月も見ていれば当たり前になる」と言った人がいました。漫然と「沖縄で暮らす」のではなく、「自分は沖縄で何をするか」という明確な目的を持ってこそ、充足感を感じられるのではないでしょうか。

年金月15万円で暮らせる!沖縄移住計画

沖縄で暮らす!!—移住・滞在のすすめ

爆笑沖縄移住計画

沖縄で暮らす!!—移住・滞在のすすめ