長生きしたいなら睡眠時間は7時間というニュースより。

日本人約11万人の睡眠時間を調べたところ、7時間(6.5~7.4時間)の人が死亡率が最も低く、それより長くても、短くても死亡率が高くなることが約10年間の追跡調査で分かった。米国の大規模調査でも7時間睡眠が最も死亡率が低かったが、今回、日本人の大規模調査でも同様の結果となった。

日本でもアメリカでも、ということで、身体に良い睡眠時間は7時間ということでいかがでしょうか。なんとなく3の倍数が良い、と思いこんでいたのですが、そうではないのですね。

はて、自分はどうか? と考えてみると、恐らく6~7時間くらいの睡眠時間だと思います。ちなみに賢明な読者はお気づきかと思いますが、最近クロスバイクに乗れておりません。朝起きてもぐったりしていて、とても走れる状況ではないためです。睡眠時間は少し長くなりましたが、身体の調子は悪くなっているみたい。なんとかしなくては。

死亡率は7時間を底に、睡眠時間が長く、あるいは短くなるほど高くなり、7時間の人に比べ、4時間以下(4.4時間以下)では男性で1.62倍、女性で1.60倍高かった。10時間以上(9.5時間以上)では、男性で1.73倍、女性で1.92倍だった。