あなたは“NTT解約”に踏み切れるかという記事です。個人的にもテーマになってまして、ネタフルでも過去に何回か記事にしたことがあります。

ブロードバンド環境が整ったいま、IP電話を活用するのは当たり前。しかし、さらに一歩進んで、NTT回線の利用休止に踏み切ることを検討するユーザーは、どれほどいるだろうか?

ここでは、

・平成電電「平成電話」 → 普通の電話 基本料金1,800円
・KDDI「KDDI光プラス」 → IP電話 基本料金1,980円

が紹介されています。個人的には、ほとんど固定電話は使用しないので、月額基本料を抑えられたらなぁと思っています。

注意点としては、ナンバーポータビリティが挙げられており、「NTT加入権を他人に譲渡した場合、異なるキャリアへの同番移行は不可能」になってしまうため、NTTを休止する必要があるそうです。休止手数料は2,000円で、5年ごとに更新があります。

ただやっぱり心配は「電話というライフラインを、NTT以外の事業者に任せてしまって大丈夫か」という点が大きいでしょうね。

■関連記事

NTTの固定電話を解約することはできるか?(3)
NTTの固定電話を解約することはできるか?(2)
NTTの固定電話を解約することはできるか?