光熱費ゼロ住宅で「年利11%の貯金」

積水化学工業が力を入れている「光熱費ゼロの住宅」に関する記事です。200万円の初期費用で年間22万円のエネルギー代を節約できるので、その効果は「年利11%の貯金」と同じになるという、かなりいい感じのようです。

時間帯別電灯契約をして「電気代の安い夜間に炊事や洗濯を済ませておくのがコツ」といった、ちょっと裏技的な方法も必要なんですが、それにしたって光熱費がゼロになるというのは魅力的ですね。

テレビなどでも太陽光発電をして電力の節約をしたり、逆に余剰電力を電力会社に売電する人を見かけたりするんですが、どうも初期投資もかかるし、さらにランニングもけっこうかかるのではないかと思っていたんです(台風でモノが飛んできてパネルが割れてしまう、とか)。

でも、新エネルギー財団のホームページには、太陽電池を設置した人へのアンケート調査の結果が掲載されており、

・設置した感想──95%以上の人が「満足」と回答。
・システム保守──98%以上の人が「手間がかからない」と回答。

こんな風になっているそうなんですね。鵜呑みにしてはいけませんが、検討して見る価値はあるのではないかと思いました。