二戸一マンションで家賃を稼ぐという記事より。「二戸一」は「にこいち」と読みます。よく、事故車2台をくっつけて1台にしたクルマのことを「ニコイチ」といったりします。

二戸一マンションとは、1戸のファミリータイプのマンションを、玄関および水回りを独立して持っている「コンパクト住戸」と「ワンルーム住戸」の2住戸に分割。住戸の間を、防火・防音機能を持つオリジナルシステムドアで仕切ったマンションだ。

要するに70平方メートルくらいの広さのマンションを、50平方メートルくらいのコンパクト住戸と20平方メートルくらいのワンルームに切り分けることで、家賃収入を得る、というアイデアだそうです。横浜の・リッチライフという会社が考案したもので「連続2住戸分譲システム・リッチライフプラン」と名付けて、特許も出願しているんだとか。

計算上は、想定家賃が67,000円、無料駐車場を2万円で貸し、ローンの支払いを抑えるような仕組みになっており、モデルケースでは2LDKのコンパクト住戸に月々34,266円で住めるようになっています。確かに魅力的な面もありますが、家族が住んでいる横に単身者が住んでいるというのは、生活のサイクルも違うので難しい面もあるかもしれません。

 「自分の経済事情に合わせて、マンションを広くしたり狭くしたりして、なんとか賃貸収入というリターンを得られないか。こう考えたのが出発点だった…」。