キヤノンが、APS-C用の広角ズームレンズ「EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM」を2014年6月上旬に発売することを発表しました。価格はキヤノンのオンラインショップで46,000円です。キヤノン、小型軽量の広角ズーム「EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM」という記事になっていました。

35mm判換算16-29mm相当となる広角ズームレンズ。同社のAPS-Cフォーマットに対応するEF-Sレンズの広角ズームは2本目。小型軽量かつ手ブレ補正搭載である点を特徴とする。

キヤノンのAPS-C用広角ズームレンズとしては「EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」に続く2本目となるそうです。

「EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」と比較するとF値が暗くなったものの、重量が約345gから約240gと軽くなっているそうです。

一眼レフを購入すると色々なレンズを試してみたくなるのですが、広角レンズもその一つですね。見たことない景色を見てみたい! となる訳です。

「EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」は今でも8万円以上するみたいですので、手の出しやすい広角ズームレンズの登場ということになります。

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S10-18ISSTM
by カエレバ
Canon レンズフード EW-73C EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM用 L-HOODEW73C
by カエレバ