仕事帰りに何気なく八重洲地下街にあるカメラのきむらに立ち寄ったら、ありました「EF50mm F1.8 II」が!

以前にも「EF50mm F1.8 II」の在庫があり、定価が12,000円なので9,800円という値段に買おうかどうしような迷っていたら翌日には売れていたことがあったのですが、今回は6,800円と9,800円の2本立て。

仕事帰りに中古レンズを見るには程よい在庫状況の店なのですが、流石に「EF50mm F1.8 II」が2本あるのは初めてでした。「EF50mm F1.8 II」は購入ターゲットにはなかったのですが、しかし6,800円という値段に思わず衝動買いです。

どんなレンズを買おうか迷っていたのですが、結局、キヤノンで最も安価で入門レンズ的な単焦点の「EF50mm F1.8 II」に落ち着いたという訳です。初めての交換レンズだったので、これはこれで良かったかもしれません。

早速、帰宅してEOS Kiss Digital Nに取り付けてみると、これがなんとも程よい感じのサイズ。小振りのボディに小振りのレンズ。しかしレンズ側から覗くとファインダーの光がよく見えるほど、レンズはでかい。中古なのでボディなどに傷があるかと思いきや、かなりキレイな状態であることも分かりました。

部屋の中で試写して見ると、遅くて気になるかと思ったAFも全く気になりません。このスピードなら十分です。クセでレンズを回転させてズームさせてしまいそうになるのはご愛嬌。被写体に寄ったり離れたり、自分が動かなくてはなりません。

そういえば、かつて使っていたカメラはほとんど単焦点だったことに気づきました。あの頃に戻った感じですね。しかし今は、焦点が固定されていることに面白みを感じられるようになりました。

実際の写真はほとんど撮影できていないのでそちらは改めてのレポートにしたいと思いますが、流石のF1.8という感じです。部屋で蛍光灯下で試写したのですが、ISO 400くらいでも十分に明るい感じ。室内のポートレートはもちろん、レストランなどで食べ物を撮影するにも良い感じになりそうです。もちろん、背景のボケ味は抜群。

ということで、6,800円で購入してきて大正解でした。

▼楽天で「EF50mm F1.8 II」を見てみる( a , b , c