シグマ、デジ一眼用に新設計したマクロレンズ2種類を発売だそうです。

シグマは、デジタル一眼レフカメラ(DSLR)の光学特性に合わせて新設計した標準マクロレンズ「MACRO 50mm F2.8 EX DG」と中望遠マクロレンズ「MACRO 105mm F2.8 EX DG」を7月3日より順次発売する。価格は、MACRO 50mmが3万7000円、MACRO 105mmが6万5000円。

少し前にシグマからズームレンズが出るニュースもお伝えしましたが、こうして新しいレンズが登場すると、それを買いそろえる楽しみがデジタル一眼レフカメラにはありますよね。

両マクロレンズの特長は、DSLRの光学特性に合わせて設計を一新し、倍率色収差や歪曲収差を良好に補正したこと。また、レンズ構成やコーティングを見直して、DSLRで特に発生しやすいフレアやゴーストの発生要因を根本から改善したという。

やはりデジタル一眼レフカメラ専用、を手元に置きたいものです。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較