Jetstar 0638

熊本旅行で初めて利用したLCCの「ジェットスター」機内の様子や乗り心地などのレポートをお届けします。ちなみに今回は往復で約8,000円と、セールを利用したのですが激安でした。

Jetstar 0626

ジェットスターに搭乗するための、成田空港第3ターミナルに関しては以下の記事を参考にしてください。

【LCC】成田空港の早朝便に乗るため「大江戸温泉」前泊 → 900円の空港リムジンバスあり

【成田空港】第3ターミナルはオシャレな体育館みたいな場所だった【アクセス】

【成田空港】第3ターミナルのフードコート【食事】

【成田空港】第3ターミナルの保安検査〜ゲートから搭乗【ジェットスター】

LCC「ジェットスター」に乗ってみた

Jetstar 0635

熊本行きの便は中型機というサイズになるのでしょうかね。左右にシートが3列 x 3列でした。特に座席指定はしなかったのですが、4人で窓際を除く横一列の配列になっていました。

Jetstar 0636

成田空港でも熊本空港でも、必ず飛行機の乗り降りには階段を上り下りしますが、このあたりもコストカットに繋がるのでしょう。

ジェットスターのカフェメニュー

ジェットスターは機内サービスがありません。代わりに充実したカフェメニューがあります。

Jetstar 0628

飲みたい人は飲めば良いし、食べたい人は食べれば良いという、割り切ったスタイルです。その分、チケットは安くなります。特に国内線の場合は短時間ですから、ペットボトルの一つも持っていれば問題ありません。

けっこう、機内のカフェメニューはお高いのではないかと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

Jetstar 0629

セットメニューはスープ付きの軽食が600円、おつまみ付きのビールが650円など、普通に空港で食べるのと変わらないか安いくらいの値段でした。

Jetstar 0630

軽く腹ごしらえするにはちょうど良さそうです。

Jetstar 0631

おつまみ、お菓子もあり、けっこう充実していると思いました。

Jetstar 0632

飲み物はソフトドリンク以外にアルコール類があります。ペットボトルの持ち込みは禁じられていませんでしたが、アルコール類は持ち込んだものは飲めないとアナウンスがありました。

Jetstar 0633

コーヒー200円、オニオンスープ250円。

Jetstar 0634

ジェットスターのオリジナルグッズの販売もありました。

「ジェットスター」の乗り心地は?

Jetstar 0637

これは行きの熊本空港です。どよーんとした顔をしています。口々に「LCCは座り心地が辛かったね」なんていう話をしていたのですが、帰りの便では「全く問題ないね」に変わりました。

なんてことはない、行きはただ単に前泊した大江戸温泉で飲み過ぎて二日酔いだったんですね。

離陸・着陸時のシートを元の位置に戻した状態だと、確かにANAやJALなどと比べて直立していると感じられたのですが、それも30分程度ですので、通常であれば全く問題ありません。足元のスペースも、気になりませんでした。こちらも普通。

ということで、国内線の「ジェットスター」の乗り心地は全く問題無し、ということになりました。いずれ国際線も乗り心地を試してみたいですね〜!

追記:ジェットスターに搭乗する際に気をつけたいことという記事も書いたので参考にして下さい。