2014 06 20 1127

LCCのピーチ・アビエーションが発表した2014年3月期決算によると、最終損益は10億円の黒字で、初の単年度黒字を達成したそうです。ピーチ、初の最終黒字 国内LCCで初という記事になっていました。

関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが19日発表した平成26年3月期決算は、売上高が前期比2・1倍の305億円、最終損益は10億円の黒字(前期は12億円の赤字)となった。

今年に入ってからパイロット不足で減便するといったニュースも出ているのですが、少なくとも昨年度は好調だったのですね。2011年2月の会社設立から、3年で黒字達成です。

黒字達成は国内LCC3社で初。ピーチは就航から3年以内の黒字化を目標に掲げていた。

LCCも、きちんと利益が出るのですね。黒字達成は国内LCCでは初とのことです。2015年3月決算も増収増益を見込むということです。

パイロット不足に関しては「11月以降は外国人や自衛隊OBの採用で補う」としています。

ネタフルでは次のような記事も書いています。

【ピーチ航空】LCCとして成功した最大の要因は「ちゃんと飛ぶこと」

【ピーチ航空】那覇空港着陸で機長が管制塔からの指示を勘違いし海面に異常接近

【LCC】「ピーチ航空」関西国際空港←→松山空港に就航