2014 01 09 1749

最近、LCCを利用することがあったので、"和製LCC"ピーチが成功したこれだけの理由という記事を興味深く読みました。LCC(ローコストキャリア)、格安の航空会社として「ピーチ航空」が成功した理由はなんだったのでしょうか?

ピーチのお客様は初めて航空機に乗る人が多く、男女比率が1:1と女性が多いことも特徴なのですが、潜在需要を掘り起こし、リピーターの獲得にもつながっています。ライフスタイルを変えるためのツールとして、ピーチを使いこなし始めてくださっています。

「ピーチ」が就航する前に、ビジネスプランを相当練り上げたということですが、成功した理由がいくつか挙げられています。これが興味深いです。

1. 手頃な価格とそれを支えるコスト構造ができていること

これはLCCとしては当然のことですね。これがないとLCCと呼べないですし、会社としても回りません。

2. 篠田麻里子とのコラボレーションによるブランド強化

篠田麻里子とのコラボレーションにより「キュート&クール」というコンセプトがうまく受け止められたと感じているそうです。

サイトにアクセスすると‥‥

2014 01 09 1754

コラボレーショングッズの販売とかしているんですよ!

これはうまいな〜、というか、凄いな〜、ですね。航空会社がアイドルとコラボ。篠田麻里子は女性ファンも多いでしょうし、それが「男女比率が1:1」ということにも繋がっているのかもれません。

3. 何よりも重要なのは「ちゃんと飛ぶ」

これはですねぇ、ハッとさせられたのですけど、なんとなくこれまでLCCに乗らなかった理由って、やはりここにあったのだな、と自分でも再確認しました。

仕事で乗るなら、一人で乗るならなんとでもなると思うんですよ。でも、飛行機に乗る多くの場合は、家族旅行が多かった訳です。安かろう悪かろうということはないと思いますが、LCCは飛ばない、というニュースも目にしたりしていたので、そういうことを考えて、家族旅行ではLCCという選択肢はありませんでした。

しかし「ピーチ」は、そこは胸張って問題ないと言えるそうです。「ピーチの就航率は2013年4~9月で99.8%と、日本一」ということで、こういう数字があるならば、安心して乗ることができますね。

こんなエピソードもあるそうです。

彼らに話を聞いたのですが、「成田から飛んでいるLCCはよく欠航している。なけなしのおカネで旅行に行くのに、キャンセルになったら困るのでピーチを選んだ」と。そんな学生さんは1人2人ではありません。

わざわざ首都圏から深夜バスで関空まで来て、そこから沖縄にフライトするのだとか。

「空飛ぶ電車」という、ユニークなコンセプトも持っているそうです。

チケットはお客様に自ら手配していただいて、駅の改札を通るようにご自身でチェックインしていただく。その代わり、弊社が開発したマシンは世界最速級の速さでチェックインを完了できます。また、新幹線のワゴンサービスのように、機内の飲食物は有料で提供しています。定刻になれば無慈悲に出発します。

個人的にも、このあたりのサービスはドライでもいいかな、と思いますので賛成です。「スカイマーク」でも感じました。その分、チケットが安い方が嬉しいですね。

「ピーチ」に乗ってみたくなってきた!!!

2014 01 09 1803

東京だと成田空港かー。スカイライナーが安くなると、便利なんだけどなぁ。