スポンサードリンク

【Kyash】クレジットカードからチャージする方法【2種類】

スポンサードリンク

【Kyash】クレジットカードからチャージする方法【2種類】

スマホ決済アプリの「Kyash」は、クレジットカードからチャージする方法が2種類あります。一つは残高がなくてもクレジットカードから必要な金額がチャージされるオートチャージ、一つは金額を指定して事前にチャージする方法です。

どちらのチャージ方法にもメリット・デメリットがありますので、自分の使いやすい方法を選択して「Kyash」をチャージするようにしましょう。

スポンサードリンク

金額を指定したチャージが可能になった

「Kyash」は最初はクレジットカードを登録してのオートチャージにのみ対応していました。「Kyash」で買い物をした際に足りない金額が自動でチャージされるため、これはこれで便利ですが、気づかないうちに使いすぎてしまうという問題もありました。

そこで2018年12月25日より対応したのが、クレジットカードで金額を指定して事前にチャージする方法です。これならチャージした金額以上を使ってしまうことはありません。

以下にそれぞれのメリット・デメリットをまとめます。

オートチャージのメリット・デメリット

メリット:チャージを意識することなく「Kyash」が使用できる

デメリット:気づかないうちにチャージされてしまい使いすぎてしまう恐れがある

金額指定するチャージのメリット・デメリット

メリット:決まった金額だけ使用できる

デメリット:チャージする必要がある

オートチャージと金額指定チャージのどちらが良いか?

クレジットカードをメインに使うようになって支払いを躊躇しなくなったのには理由があったという記事を書きましたが、クレジットカードを使うとどうしてもお金を使っているという意識が希薄になります。そのため、ついつい使いすぎてしまうという人もいるのではないでしょうか。

自分でもその懸念があったため「Kyash」もあえてコンビニでチャージする使い方をしていました。しかし、金額指定してのチャージが可能になったため、今後は楽天プレミアムカードからチャージして、ポイントの二重取りをしようと思います!

「Kyash」クレジットカードによるチャージ方法

クレジットカードによる「Kyash」の2種類のチャージ方法を開設します。

【Kyash】クレジットカードからチャージする方法【2種類】

「Kyash」アプリを開くと、メインの画面に「自動チャージ」と「カードチャージ」があります。ない人はアプリを最新版にアップデートしてください。

足りなくなったらどんどんオートチャージしたい人は「自動チャージ」を設定します。

【Kyash】クレジットカードからチャージする方法【2種類】

オートチャージするクレジットカードを登録すれば「自動チャージ」の設定は完了です。

指定した金額を都度、チャージして利用したい人は「カードチャージ」を選択します。

【Kyash】クレジットカードからチャージする方法【2種類】

これちらもクレジットカードを登録しておけば、あとはチャージしたい時に金額を選んでチャージすることが可能です。

「Kyash」ポイントの二重取り

「Kyash」にはリアルカードと呼ばれるプリペイドのVISAを発行することが可能です。このカードはチャージしてある金額を、VISAの加盟店で利用できるというものです。

現在は「Kyash」が2%ポイント還元をしているため、

・Kyashで2%ポイント還元
・登録しているクレジットカードでポイント還元

という、ポイントの二重取りが可能となっています。

さらに「Kyash」を「PayPay」に登録することで、さらに0.5%ポイント還元を上乗せし、ポイント三重取りも可能となっています。

詳細:【PayPay】「100億円あげちゃうキャンペーン」12/13で終了、それでもPayPayを使う理由?

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash無料posted withアプリーチ

関連記事

「Kyash」リアルカード発行開始&決済金額の2%ポイント還元実施

「Kyash」リアルカードが届く→アプリに登録して有効化

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】6,000冊以上が対象!50%ポイント還元「小学館 年末年始セール」開催中 〜「電光超人グリッドマン超全集」など(1/6まで)

次へ

2018年第2四半期時点のMVNO契約者数1位は楽天モバイル