スポンサードリンク

「Kyash」QRコードを公開して投げ銭ができる

スポンサードリンク

Kyash QRコード

リアルカードを発行して勢いのある「Kyash」に注目しています。

Kyashに入社して半年くらい経ちましたという記事があり「ほうほう」と思いながら読んだら、ある気づきがありました。

それは「Kyash」の自分のQRコードを公開することで、投げ銭ができるというものです。

スポンサードリンク

最後に次のように書かれています。

これはプライベートなことですが、もともとKyashに興味をもったきっかけである『投げ銭文化』を何度か試してみました。

「最近はスライドの最後にKyashのQRコードを載せてくれている人も増えて」ともあり、プレゼンテーションの最後に「Kyash」のQRコードで投げ銭を受け付けるような文化ができつつあるようです。

これはなかなか面白い!

投げ銭にトライする企業というのはいくつもありましたが、なかなかうまくいかないんですよね。そもそも個人間送金という文化がなかったのもアレですが、仕組みとしてあったとしても、実際に投げ銭をする手順が煩雑だったというか。

「Kyash」ユーザー同士であれば、既にネットに財布を持っている状態なので、QRコードで送金しあうというのは非常に簡単ですので、これは面白いアイデアだと思いました。

「Kyash」のQRコードを確認する方法

Kyash QRコード

アカウントのところでQRコードを確認することができますよ。

コグレのQRコード

コグレのQRコードがこちらになります。

Kyash QRコード

投げ銭もお待ちしています!(ブログ執筆のための飲み代や商品購入などになります)

その他の「Kyash」の記事はコチラから。

スポンサードリンク

前へ

「Amazon Prime Videoチャンネル」月額課金でJ SPORTS、アジアドラマチャンネルなどの視聴が可能に

次へ

ネタリスト(2018/06/15 16:00)日本列島ほぼ全域描く、最古級の地図発見