B072MYVGXH

朱戸アオの「リウーを待ちながら」はイブニングで連載中。確認したところ2巻まで発売されていました。静かな、そして淡々と進行していく物語が、逆に恐ろしさを感じさせます。スーッと怖い。日本でいったい何が起ころうとしているのか!?

富士山麓の美しい街・S県横走市──。駐屯している自衛隊員が吐血し昏倒。同じ症状の患者が相次いで死亡した。病院には患者が詰めかけ、抗生剤は不足、病因はわからないまま事態は悪化の一途をたどる。それが、内科医・玉木涼穂が彷徨うことになる「煉獄」の入り口だった。生活感溢れる緻密な描写が絶望を増幅する。医療サスペンスの新星が描くアウトブレイク前夜!!

パンデミックというよりは、世代的にはアウトブレイクといった方が分かりやすいでしょうか。病気が爆発的に広まるアレです。「リウーを待ちながら」もアウトブレイクの話なのですが、全く違う世界の話ではなく「なんだかこれありそうだぞ?」と思えるような話の温度感が怖いんですよね。

Amazonカスタマーレビューもかなり高評価です。医療モノというよりはサスペンスモノでしょうか。とはいえ話の中心はやっぱり医療ではあるのですが。興味のある人はぜひ読んでみてください。

Kindle版もあります。