Mimasuya 6516

現存する居酒屋としては最古の部類‥‥というのが、正確なところでしょうかね。1905年創業、神田司町で歴史と風情を感じさせる佇まいの「みますや」に行ってきました。入口からするとそんなに大きくなさそうに見えたのですが、入店すると奥に長いのです。テーブル席に座敷席、けっこうな人数が収容できる大きな老舗居酒屋でした。居酒屋らしいメニューを食べながら、チューハイを頂きましたよ。

Mimasuya 6517

ちなみに隣に「オール200円」を掲げる愉快な酒場「イチゴー」もありまして、二次会にぴったり。もちろん後で吸い込まれました。さてさて。

Mimasuya 6520

こちらが「みますや」の入口。なんと、ランチタイムもあるの!? 焼魚定食、煮魚定食、牛煮込定食て、これまたそそられますねぇ。みんな定食を食べながら、瓶ビールの一本くらいはやっているのでしょうか?

「みますや」メニュー

これが全てのメニューではないんです。多すぎて写真に撮るの断念しました。

Mimasuya 6527

チューハイ350円は呑兵衛には嬉しい。やっぱりこういう居酒屋に来たら、チューハイとかレモンサワーを呑みたくなるんです。

Mimasuya 6528

冷酒の品揃えもなかなか良い具合。七田、飛良泉、磯自慢、九平次、田酒、まんさくの花。

Mimasuya 6530

さしみ。まぐろにトロにさくらがあります。さくらは馬刺しですね。霜降りと赤身。

Mimasuya 6531

焼き物は焼鳥やら焼魚やら。できれば焼きなす、厚焼き玉子あたりも押さえたいところ。

Mimasuya 6532

揚げ物。骨付ふぐビール揚げというのは珍しいメニュー。揚げだし豆腐、鶏の唐揚げは定番の居酒屋メニュー。

Mimasuya 6533

煮物のどぜう丸煮、柳川鍋、あなご煮付けあたりは、東京の居酒屋でしょうか。

「みますや」東京の老舗居酒屋メニューでしっぽりと

Mimasuya 6521

中生で乾杯。

Mimasuya 6522

あなご煮付け。いいねぇ。

Mimasuya 6523

トロさしみ。いいよねぇ。

Mimasuya 6524

ふぐのビールの唐揚げだ。コリコリの食感がいいぞ? ビールにぴったり。

Mimasuya 6525

名物の桜さしみ。やわらなくてトロトロで最高すぎる。こればっかり食べ続けたい上に、丼にしてもいいんじゃないのかね、なんていう気持ちも頭をもたげたりして。

Mimasuya 6526

これは肉豆腐‥‥だったかな。牛丼的で、これまたライスが食べたくなる美味しいつまみ。

Mimasuya 6534

〆に向けて、さらに居酒屋ぽいつまみでラン&ラン!

Mimasuya 6535

にしん棒煮も全くもっていい味付けでご飯が食べたくなるね。

ギネスビールを呑んでいる人もいたので、このあたりの品揃えはなかなか面白いと思いました。現存する東京最古の居酒屋らしいとあって、店舗で使われている木材もエイジングが進み良い焦げ茶に。いや、黒か。ただ、お客さんはそういうのを目的に来ているというよりは、本当に近所の人が普段使いしている様子。サラリーマン多め。

静かに歴史を守る居酒屋オブ居酒屋。料金も思っていたより遥かに良心的で、早い時間に近所まで来ることがあれば、ふらりとテーブル席で冷酒なんかいいですねぇ。

ごちそうさま!!!!

「みますや(神田)」アクセス

住所:東京都千代田区神田司町2-15

>>みますや - 淡路町/居酒屋 [食べログ]