Orenosakana 7821

よく分からない流れでFacebookで意気投合した刺身を食べたいメンバーで訪れたのが、神田にある「俺の魚を食ってみろ!! 神田分店」です。なんという強気な店名なのでしょうか。「そこまで言われたら食ってやるよ!」みたいな気分で刺身などの魚介類を食べまくったのですが、美味しかった。悔しいけど美味かったよ!!

Orenosakana 7773

「俺の魚を食ってみろ 神田分店」は神田駅から徒歩1分ほど。近いです。近いけど、ちょっと分かりにくいです。この看板が目印で、ビルに入ったら地下1階までどうぞ。

Orenosakana 7774

前の店の看板らしきものがあって「本当にここで良いの?」と思いながら階段を下ると、ここでした。

Orenosakana 7775

「刺身の命かけてます」「まずかったらお代は頂きません」と凄いことが黒板に書かれているのですが、よく見ると「by 魚の壱」となってまして「あれ? ここで良かったんだっけ?」となりますが、ここでした。

Orenosakana 7776

入店したのは19時でしたが、ほぼ満席。遅くなると空いてきましたが、普通の時間帯に行くなら絶対に予約必須ですね。着席すると、テーブルには取り皿、醤油皿が二つ、セットされていました。

Orenosakana 7777

いきなり目を引くメニューがこれで「男気原価出し」だそうです。つまり、入荷した値段そのままで、料理が出てきます。これはお得。地蛤は6個も入っていて780円でしたから、これはお得感のあるメニューでした。

Orenosakana 7778

勢いは分かるのですが、ちょっとメニューが読み辛い‥‥かな?

Orenosakana 7779

色々とメニューはありますが、とりあえずは魚介類から、絶対に刺身の盛り合わせは欠かせません。

Orenosakana 7781

自家製サワー類などもありますので、甘いのが好きな女性と同伴しても安心です。が!

Orenosakana 7780

やっぱり、ここでしょ! メニューの最下段!

日本酒がずらり〜、です。全て冷酒ですが、値段が嬉しい。1杯どれも500円。ついつい呑みすぎてしまいました。

Orenosakana 7782

まずはエクストラコールドで乾杯。

Orenosakana 7783

お通しのすりながしです。

Orenosakana 7784

こんな風にお猪口に入れて頂きます。優しい出汁の味。

Orenosakana 7785

すぐにスーパードライにチェンジ。

Orenosakana 7786

サーモンとイクラのサラダです。魚を食ってみろというだけあってサーモンはもちろん美味しいのですが、プッチプチのイクラもまた美味しいのです。

混んでいると注文したものが出てくるのに時間がかかるので、あれこれと最初に頼んでしまっておくと良いでしょう。

ということで、少し待ってからの刺身盛り合わせです。とりあえず4人前。

Orenosakana 7787

おうっ! 冷気をまとう刺身たち!

ドライアイスの冷気がタップリです。どのくらい鮮度に関係してくるのか分かりませんが、面白い演出だと思いました。

Orenosakana 7789

こんな感じで、刺身の種類が分かる説明書も用意されています。これは親切ですねぇ。金目鯛、マグロあたりは絶品でしたなぁ。お前の魚を食ってやったよ! 美味かったよ!

Orenosakana 7790

蟹味噌の甲羅焼きです。いかん! これは日本酒だっ!

って、ことでシフトチェンジ。

Orenosakana 7791

鶴齢です。

Orenosakana 7792

なみなみと冷酒をついでもらって500円。お得!

蟹味噌、日本酒、蟹味噌、日本酒‥‥のループを堪能しました。

Orenosakana 7793

鮟鱇の天ぷら。塩で美味い。鮟鱇の季節ですね。

Orenosakana 7794

続いての日本酒は、福島のお酒です。金紋会津。

Orenosakana 7795

これが呑みやすくて。甘口よりですけど、ベタベタせずにするっと呑めるいいお酒でした。なんでも、店長の友人の酒蔵だそうで、これ以降は福島の復興祈願でみんなが金紋会津を選択。

「俺の魚を食ってみろ」に行ったら、是非とも食べて欲しいのはこちら!

目の前でバーナーで炙ってくれる、豪快な料理です。しかもけっこう炙りますよ。

Orenosakana 7799

薬味をのせて〜、完成!

Orenosakana 7800

炙られた皮の感じがたまりませんな〜。

Orenosakana 7801

食べる! 美味い! 〆具合もちょうど良いです、美味いです。

Orenosakana 7802

これはバベルの塔です。違います。雪崩寿司です。こぼれんばかりの蟹やいくらの寿司です。

Orenosakana 7803

まあ、美味くない訳がないですね。ここでもイクラがプチプチしています。

Orenosakana 7804

煮あなごの出し巻き玉子。

Orenosakana 7807

あなごたっぷり。

Orenosakana 7806

あら煮。

Orenosakana 7808

鰤かま。白米が欲しくなる!

Orenosakana 7809

山菜の天ぷら。

Orenosakana 7810

と来て、またもや金紋会津。

いや〜、何を食べても美味しいんですよね〜。しかも、値段もけっこうリーズナブルな感じなので、数人でいって色々と食べる楽しさもあると思います。

Orenosakana 7811

「男気原価出し」の蛤です。

Orenosakana 7812

バター蒸しだそうです。バターはいいねぇ。

Orenosakana 7813

あん肝。

いかん! 冷酒の無限ループから抜け出ることができない!!

Orenosakana 7814

そしてそして、面白い料理が「明太子の天ぷら」です。これは初めて見たし食べたのですが、食感的に明太子とサクサクの衣というのは面白いですし、味も抜群でした。

Orenosakana 7815

これまたチビチビやりながら‥‥

Orenosakana 7816

金紋会津!

そして、いよいよ最後の〆が「いくら飯」です。これまた豪快だったなぁ。

Orenosakana 7817

4人くらいいけますよ。って言われた白米といくらのボリュームががが!!!

Orenosakana 7818

もうね、いくらが光り輝くの、口に入れると弾力があってぷっちんぷっちんなの。これは本当に宝石箱のようなご飯でしたよ。〆に相応しい!

Orenosakana 7824

「俺の魚を食ってみろ!!」と言われて訪れた訳ですが「ああ美味かったさ、とびっきり美味かったさーーー!」と白旗をあげた次第です。しかも冷酒が500円というのも、嬉しかったですねぇ。刺身に冷酒。天ぷらに冷酒。日本酒が好きな人にもオススメできると思います。

Orenosakana 7825

これだけ飲み食いして一人6,500円くらい。かなりコストパフォーマンスも良く感じましたし、再訪したいお店リストに追加いたしました。接客も気持ち良かったですね!

また魚を食わせてくれ!! ごちそうさま!!!!!

関連ランキング:居酒屋 | 神田駅淡路町駅小川町駅