Kagoshima 8546

鹿児島市プレスツアーで桜島に渡った際に「桜島ビジターセンター」にも立ち寄りました。ここは火山のミニ展示も行っており、桜島の概要、歴史などについても学ぶことができるようになっていますし、火山ならではのお土産もあります。つまり、桜島に行ったら必ず訪れたい場所の一つです。

「桜島ビジターセンター」で桜島の歴史を知る

Kagoshima 8545

「桜島ビジターセンター」では、桜島の見どころスポットの情報なども得られますので、桜島に行ったら必ず立ち寄って欲しい場所です。

Kagoshima 8547

見どころ案内図も用意されています。

Kagoshima 8549

しかも、火山のミニ博物館は入館無料です。

Kagoshima 8550

桜島の爆発回数といった情報も日々、アップデートされているそうです。この噴火回数を見ると、いかに桜島では噴火が日常的なことなのか、ということが分かります。

Kagoshima 8553

実際に収集された火山礫ですね。

Kagoshima 8554

有事に備えた定点カメラの映像も見ることができます。

Kagoshima 8555

これは桜島の歴史です。噴火により、島の形がどのように変化してきたか、ということが分かります。

過去の噴火は、だいたい2点から起こっているのですが、なぜこうなのか? ちゃんと理由があります。

Kagoshima 8556

桜島のマグマは、板状に上昇しているからなのですね。勉強になります!

Kagoshima 8558

各年代の噴火の模型も用意されています。見比べることで、地形の変化が分かります。

Kagoshima 8560

また、噴火後に地面がどのように変化していくのか、という展示もあります。

Kagoshima 8561

この様子を観察することで、噴火からどのくらいの年月を経ているのか、ということも分かりますね。

Kagoshima 8562

確かに桜島の中をクルマで移動していると、境界線があるかのように、植生が変わっている場所があることが分かります。

Kagoshima 8564

何度も噴火している桜島は、溶岩の上の植物を観察できる貴重な場所でもあります。

Kagoshima 8566

桜島ならではのお土産を購入することもできます。

Kagoshima 8567

桜島の火山礫。

Kagoshima 8568

溶岩ボール。

Kagoshima 8569

火山灰。

Kagoshima 8571

自分で桜島の火山灰を採取するキットまで!

Kagoshima 8570

こうした桜島ならではのお土産は他の場所では見かけなかったので、興味のある方はぜひ「桜島ビジターセンター」で購入してくださいね。

Kagoshima 8572

椿油も名産品のようです。

Kagoshima 8576

外に出て、ガイドの大村さんより溶岩の上の植物の植生について伺いました。

「桜島ビジターセンター」は、桜島の基本情報を知ることができます。勉強になりました。

#旅の様子は「鹿児島旅行」でまとめています。

桜島ビジターセンター

桜島ビジターセンター公式サイト =Sakurajima Visitor Center=