スポンサードリンク

「JINS MEME」でVtuberになる方法

スポンサードリンク

B06XK8LQNC

2015年に発売された眼電位や加速度センサーから身体の情報を読み取るメガネ「JINS MEME(ミーム)」を使い、Vtuber(バーチャルユーチューバー)になるシステムを作った人がいました!

メガネでVtuber!? これは面白い!!

スポンサードリンク

こちらが「JINS MEME」を使った「Vtuberシステム」です。

「JINS MEME」は、顔との接触部分にある3つのセンサーと、6軸加速度センサーで、電位差(眼電位)や身体の状態変化をキャッチしているそうです。これを活用しアバターを動かすのですね。

APIが解放され、開発者は自由にアプリを開発できるようになってもいました。

データ
・瞬目
・瞬目の時間
・視線方向(8方向のそれぞれVV/VH閾値データ)
・3軸ジャイロセンサーデータ / 3軸加速度センサーデータ

開発の経緯などは【朝起きてからバズるまで】 世界一(?)スマートにVTuberになるシステムをマッハ開発したとしてまとめられています。

またこの後「中の人」とのやりとりもしていました。

何より「JINS MEME」を使った仕組みは、持ち運びが簡単というのが面白いですよね! 今後の発展に期待です。

スポンサードリンク

前へ

「歩きスマホ」と「インスタ映え」は英語でなんという?

次へ

【動画】世界地図や人類の進化を楽譜代わりに演奏してみたら