スポンサードリンク

【J2】「FC町田ゼルビア」第三者割当増資でサイバーエージェントの子会社に

スポンサードリンク

【J2】サイバーエージェントが「FC町田ゼルビア」買収

J2の「FC町田ゼルビア」が、サイバーエージェントを引受先として第三者割当増資を実施することを発表しました。これで「FC町田ゼルビア」はサイバーエージェントグループの一員となります。

スポンサードリンク

J1ライセンス取得に向けたクラブの体制強化についてとして発表されています。

正式決定は後日開催する臨時株主総会を経てとなりますが、株式会社ゼルビアはサイバーエージェントグループの一員となり、そのグループシナジーを活かす形でJ1ライセンスの取得とJリーグのトップクラブへの成長を共に目指して参ります。

J1昇格の実力がありながらも、スタジアム整備や天然芝の練習場、クラブハウスの整備が完了していないことからライセンスが交付されなかった「FC町田ゼルビア」が、サイバーエージェントの力を得てJ1を目指します。

縁があり「藤田晋社長と対話を重ねるうちに、FC町田ゼルビアの理念に共感」して貰ったということです。「練習場の整備に関しましては既に、株式会社サイバーエージェント様より、サポートの確約をいただいております」とのことです。

ゼルビアは監督、選手の力によって引っ張ってもらっている状況。町田に残りたくても、施設、ライセンスの面が理由で、泣く泣く去っていく監督、選手がいる中で、本当に頑張っている選手に環境を与えていきたいという思いがございまして、今回に至っております」と大友社長。

大友社長自身が「FC町田ゼルビア」でプレイした生え抜き選手でもあります。町田のクラブとしては、変わらず町田のクラブとしてあり続けて欲しいですね。

藤田晋社長は「今のところ派遣する人材はいないが、ビッグクラブにしていく中で、人材が少ない部門が出てくる。いれば派遣し全面バックアップする側に回っていきたい」とコメントしています。

2020年のJ1昇格が目標でしょうか。

ネタフルでは【J2】サイバーエージェントが「FC町田ゼルビア」買収へという記事を書いていました。

関連記事

藤田社長サイゲームス鳥栖スポンサーの件は関係なし - J2 : 日刊スポーツ

「町田の件が報じられた次の日に鳥栖から撤退とニュースが流れた。間違ったニュース。サイゲームスがスポンサーをするかしないかに全く関わっていない。別に動いているもの」

藤田社長、町田子会社化「東京Vとも接触はした」 - J2 : 日刊スポーツ

「ヴェルディさんとは最初の経緯があるので接触はしたが、お話が合わなかった」

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2018/10/01 15:30)アップル新iPhone発売で儲けた意外な企業とは?

次へ

「Yahoo!ジオシティーズ」2019年3月末でサービス終了を発表