2013 12 26 1021

元サッカー日本代表で東京ヴェルディで監督を務めたラモス瑠偉氏が、J2のFC岐阜の監督に就任することが明らかになりました。ラモス氏、J2岐阜監督就任へ 東京ヴ以来、7季ぶりという記事になっていました。

サッカー・Jリーグ2部(J2)のFC岐阜は25日、元日本代表のラモス瑠偉氏(56)に監督就任を正式に要請することを決めた。大口支援者らが条件にしていたクラブの資金繰りにめどがついたため。

ラモス瑠偉氏、東京ヴェルディ以来、7シーズンぶりの監督就任となるそうです。ちなみにその時の2年間の通算成績は、47勝30敗19分でした。勝ち越しています。

今年度決算で1億4千万円の債務超過が見込まれる岐阜は、2014年度決算も債務超過ならライセンスが交付されない恐れがあった。

債務超過で2014シーズンのライセンスが交付されない恐れのあったFC岐阜ですが、1億5000万円の寄付と2500万円の融資を行った金融事業会社があったそうです。その金融事業会社の社長から債務超過の解消を前提に提案されたのが、ラモス瑠偉氏の監督就任だったそうです。

確かに、ラモス瑠偉氏が監督に就任すれば、色々と話題性はありますね。観客動員を増やさないと、強化に回せる予算も作れないですし。早速、ラモス瑠偉氏はFC岐阜の入団テストに顔を見せていたそうです。