スポンサードリンク

コンサドーレ札幌、横山知伸が脳腫瘍で手術を受けたと発表

スポンサードリンク

コンサドーレ札幌、横山知伸が脳腫瘍で手術を受けたと発表

コンサドーレ札幌が、2018シーズンまで在籍していたDF横山知伸が、2018年末に脳腫瘍で手術を受けたことを発表しました。横山知伸選手の治療についてとして発表されています。

2018シーズンまで北海道コンサドーレ札幌に所属(※2018年8月からロアッソ熊本に期限付き移籍)の横山知伸選手が、昨年12月24日の夜に体調不良となり、自宅のある埼玉県内の病院へ救急搬送されました。検査の結果、脳内に腫瘍が見つかり、転院後の12月31日に腫瘍の摘出手術を行いました。

スポンサードリンク

約2週間の入院を経て、現在は次の治療に向けての準備をしているということです。1月23日に再入院し、再発防止のために治療に専念します。

体調が悪くなり脳腫瘍と診断される‥‥と聞くと、友人の高山さんのことを思い出します。高山さんも海外で体調を崩し、帰国して脳腫瘍と診断されたのですよね。

高山さんは脳腫瘍に白血病も経験されて、今は執筆活動を中心に活動されています。横山知伸選手も、元気に復帰されることを願っています。

横山知伸選手の契約状況は、コンサドーレ札幌とは契約が切れており、次の所属チームは決まっていない状態ということです。

脳腫瘍で手術のDF横山へ支援の輪 札幌GK菅野「選手会と協力、募金活動を」によると、コンサドーレ札幌・GK菅野孝憲は「日本プロサッカー選手会と協力し募金活動などでカバーできたら」とコメントしているということです。

横山知伸は「自分がこの様な状況なってからですが、世の中には 自分と同じような病気を抱えながらも頑張っている方々がたくさんいる ということに気づきました。自分はサッカー選手として、そんな方々へ夢や感動を与えられるよう、頑張っていきたいと強く思いました。必ずピッチに戻ります!」とコメントしています。

関連記事

大宮アルディージャ・塚本泰史、がん公表

大宮アルディージャ、がん闘病の塚本泰史と契約更新

アルビレックス新潟、DF早川史哉が急性白血病であると発表

アルビレックス新潟、早川史哉の契約凍結を解除し契約再開と発表

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

シンガポール発祥「ティラミスヒーロー」をコピーした「HERO'S」が日本側運営会社に使用権を渡すと発表

次へ

荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」アプリをリリース