2017 02 10 1423

まさに「DAZN(ダゾーン)」サマサマ。今季J1優勝で15・5億円 新設理念強化配分金の詳細発表されています。

J1優勝クラブには3年に分けて10億、4億、1億5000万の計15億5000万円を支給。

Jリーグが、2017シーズンより新設される理念強化配分金の詳細を発表しました。使いみちは「強化や普及、若手育成、施設整備、地域交流やスポーツ文化の振興」に限られますが(審査あり)、クラブとしては強化費用がドカンと増える訳で、大物選手をJリーグに連れてきて、リーグ自体が活性化する可能性も十分にあります。

理念強化配分金は次のようになっています。

優勝 15億5,000万円(3年に分けて10億、4億、1.5億)

2位 7億円(3年に分けて4億、2億、1億)

3位 3.5億円(2年に分けて)

4位 1.8億円(単年)

大きいですよ、10億円は。

なお、これとは別に優勝賞金もあります。

J1優勝で3億円、2位が1.2億円、3位は6,000万円、ルヴァン杯優勝で1.5億円です。J1で優勝すると、合計で18億5,000万円ということになります。

今シーズン、各クラブが積極的に選手獲得に動いていたのは、こうした配分金のための投資でもありますね。来シーズン以降、どんな選手が獲得されるのか楽しみです。