2016 09 13 0956

バルセロナの下部組織でプレイしていたFC東京・久保建英が、15歳でトップチーム昇格することが明らかになりました。中学生Jリーガー誕生!久保建英トップチーム昇格へという記事になっていました。

21世紀生まれのJリーガーが誕生する! サッカーJ1東京のU-18(18歳以下)に所属するFW久保建英(15)が、トップチームに選手登録されることが12日、分かった。

小学2年生で川崎フロンターレジュニアのセレクションに合格し、2011年にFCバルセロナの下部組織に入団、2015年に東京U-15むさしに加入し、今シーズンは東京U-18に飛び級で昇格していた久保建英が、トップチームに選手登録されることになったようです。15歳ですよ。

15歳だけど、U-15代表、U-16代表、U-17代表とそれぞれ代表歴があるのが凄いです。

出場となれば04年3月の森本貴幸(東京V)以来の中学生選手で、01年以降の生まれでは初めてとなる。

森本貴幸はJリーグ史上最年少の15歳10ヶ月6日で公式戦出場したのですが、久保建英が出場すれば6月生まれなのでその記録を塗り替える可能性があります。

プレイ動画です。トップチーム出場が楽しみですね!