2015 10 19 1015

Jリーグ元年からJリーグに所属していたクラブを「オリジナル10」と呼ぶことがありますが、そのオリジナル10の一つである清水エスパルスが、ついにJ2降格することになりました。ファン・サポーター、スポンサーの皆様へ(来シーズンのJ2降格について)というアナウンスも出ています。

昨日行われました試合の結果により、私ども清水エスパルスは来季J2への降格が決定いたしました。これまでJリーグ創設時のオリジナル10と言われるクラブの中でも唯一の市民クラブとして、23年間J1の舞台で戦って参りました。その伝統と歴史あるクラブを降格させてしまうこととなり、常日頃からクラブを支えていただいているファン・サポーター、スポンサー、株主の皆様に対しまして、強く責任を感じるとともに、深くお詫び申し上げます。

チームが低迷した理由として、

・補強の失敗
・監督やコーチングスタッフの編成の失敗

といったことが挙げられています。裏返して言えば、これら基本的なことに失敗したら成績は低迷する、ということだと思います。

ここ数年は成績も低迷していましたし、悪いところが分かっていながら改善、脱却することができなかったのが、降格するに至った最大の要因ではないでしょうか。周辺環境も含めて、いろいろあるのだと思いますが。

J2で過ごすのは楽なシーズンではありません。J2での闘い方が求められます。戦力を整え、そこを凌ぎきることができるでしょうか。

なお「オリジナル10」のクラブの中で、J2降格を経験していないのは鹿島アントラーズ、横浜Fマリノス、名古屋グランパスの3つです。ジェフ千葉は2010年から、東京ヴェルディは2009年からJ1に昇格できていません。