スポンサードリンク

ガンバ大阪・堂安律(どうあんりつ)、16歳11ヶ月18日でクラブ最年少Jリーグデビュー

スポンサードリンク

2015 06 05 1012

ガンバ大阪のMF堂安律(どうあんりつ)が、2015年6月3日の2015シーズン第10節において、16歳11ヶ月18日でのクラブ最年少Jリーグデビューを飾っていました。G大阪堂安、16歳クラブ最年少デビューという記事になっていました。

スポンサードリンク

これまではFW宇佐美の17歳18日だったが、後半ロスタイムに16歳11カ月18日でピッチに立った。現在、ユースに所属する2種登録の高2。

ガンバ大阪で高校生でデビューしたというと、宇佐美貴史だけでなく稲本潤一も思い出しますが、こうして早熟の天才が現れるのはガンバ大阪の凄いところですよ。しかも二人とも後に活躍もしてますし。

堂安律(どうあんりつ)の動画を集めてみました。

追記:ガンバ大阪・堂安律(どうあんりつ)、高校2年生でプロ契約という記事を書きました。

スポンサードリンク

前へ

【Ingress】イングレスは地方活性に繋がる!?横須賀の中の人と横須賀のエージェントが語る「INGRESS x 地方自治体セミナー&トークイベント」レポート

次へ

Googleロゴ「女子サッカー」に