2014 01 28 0943

2014年7月より改修に入る国立競技場。現在の国立競技場で開催されるJリーグ最後の試合は、5月6日となるそうです。対戦カードはヴァンフォーレ甲府 v.s. 浦和レッズが内定したと伝えられています。J最後の国立は5・6甲府vs浦和という記事になっています。

今季J1の甲府-浦和戦が5月6日に、国立競技場で行われることが27日、分かった。Jリーグ関係者によると国立改修前、最後のJリーグのゲームになるという。東京なども開催を模索していたが、この日までに内定した。

ヴァンフォーレ甲府のホームゲームということですが、レッズサポーターでかなりの席が埋め尽くされるのではないでしょうか。ゴールデンウィークの最終日ということもあり、サポーターとしても参戦しやすいスケジュールです。チケット、取れるのかな‥‥。

浦和にとって国立は悔し涙もうれし涙も流した場所だ。02年のナビスコ杯で初めて決勝に進出して鹿島に惜敗。だが翌年の決勝で再び同一カードとなると、4-0の大勝でリベンジし、クラブ初タイトルを獲得した。また05、06年と天皇杯を連覇したのも国立だった。

ナビスコ杯の優勝を、この目に焼き付けた場所ですから、思い出はタップリです。ありがとう、国立。

現在の国立競技場での最後の試合ということもあり、カップ戦の決勝のような、いつものリーグ戦と違う雰囲気になるのでは、間違いないでしょう。