2018 01 15 1009

オジ旅PRで福島県いわき市にある「スパリゾートハワイアンズ」にお邪魔してきました。宿泊者は無料で利用できる送迎バスに乗車し、一行は一路「スパリゾートハワイアンズ」へ(無料送迎バスは都内各所、埼玉県、千葉県、神奈川県からも出ていて便利です)。

今回の主目的は2017年にオープンした、日本一の高低差(40.5m)と長さ(283m)を誇るボディスライダー「ビッグアロハ」を滑ること。ビルの10階に相当する「ビッグアロハ」は怖い‥‥オジさんたちはその恐怖に打ち勝てるでしょうか!?

「ビッグアロハ」の料金

気になる「ビッグアロハ」の料金は次のようになっています。

ビッグアロハ6回券 2,800円
ビッグアロハ4回券 2,000円
ビッグアロハ1回券 500円
クイックパス1回券 800円

1回500円というのは、けっこうお得だと思います。「ビッグアロハ」のスライダーは2種類あるので、できれば最低でも2回は乗りたいところですが、もし混雑している日であれば、クイックパスがオススメです(クイックパスは1時間毎に40枚販売される優先券)。

「ビッグアロハ」の狙い目は?

今回は冬休み、成人の日を絡めた三連休の後だったからか、とても空いていました。夕方には「ビッグアロハ」も滑り放題となっていました。ただ、こういう風に「ビッグアロハ」が空いている日は稀だと思います。

そこで、これまでに5回以上は「スパリゾートハワイアンズ」を訪れた経験から「ビッグアロハ」を滑る狙い目のタイミングを考えてみました。

1. 食事の始まる夕方

今回は食事が17時〜、19時〜に分かれていました。基本的にはファミリーが多いので、17時から食事するグループも多いです。また、19時からの食事に備えて17時過ぎにはプールから上がる人も多いです。となると、この17時以降の時間帯というのは、非常に狙い目になると思います。

2. 食事の後

食事を終えたら、次は20時30分からのステージでのショーに備える人が多いでしょう。そこであえて17時から食事をしてしまい、その後に「ビッグアロハ」に向かうという手もあります。この時間帯であれば、プール全体が空いているはずです。もしかするとステージのショーに重なってしまう場合もあるかもしれませんので、どちらを優先するかはご自分の判断です。

3. 翌日の朝イチ

リゾートである「スパリゾートハワイアンズ」では、朝をゆっくりと過ごす人も多いです。そこで、朝食を早めにとり、朝イチで「ビッグアロハ」に向かうという手もあります。クレスト館以外のチェックアウトは11時なので、もしかするとそれまでにひと滑りできてしまうかもしれません(チェックアウトしてもフロントに荷物を預けられます)。

「ビッグアロハ」は怖い!?動画でチェック!

それでは今回、特別にカメラを持って撮影させて頂いた映像をお届けします。

「ビッグアロハ」が怖いか怖くないかで言ったら、十分に怖いと思います(何回も滑れば怖くなくなると思いますが)。特に今回は暗くなってからだったので、真っ暗闇のところがあり、方向感覚を見失います。

「ビッグアロハ」を滑ったオジさんの多かった意見としては「とにかく長い」「いつ終わるのか分からなくて怖い」というものでした。人生経験豊富なオジさんたちを恐怖に陥れた「ビッグアロハ」でした!

他のオジさんが滑った動画も併せてご覧ください(撮影者本人による編集)。

なお、10階程度の高さまで階段を上りますので、オジさんの体力的には2本くらいが限界かと思います。「ビッグアロハ」を滑り降りるのも、けっこう疲れます。滑っているだけですが。

「スパリゾートハワイアンズ」の予約

「スパリゾートハワイアンズ」の予約公式サイトからもできますし、楽天トラベルのような旅行サイトを利用することもできます。公式サイトが安くてお得なプランが多いですが、ポイント利用したい人もいると思いますので、そういう場合には楽天トラベルなどでも良いでしょう。

モノリスタワーに宿泊した子連れハワイアンズにオススメの持ち物&攻略という記事も書いていますので、ぜひ参考にしてください。

春先の予約も埋まり始めているそうなので、予約はお早めに!

ふるさと納税でも宿泊できますね。

動画編集に関して

iPhone 7 Plusで「完璧なビデオ」を使用して動画編集しています。撮影もiPhoneです。無料でお試しできて、本格的に使おうとしたらアプリ課金で600円ですが十分に価値あります。