スポンサードリンク

【店名内緒】都内にはまだまだ未知の焼肉屋がある!まさかヒロミヤみたいな焼肉屋があったとは【板橋】

スポンサードリンク

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町

は2019年。今年になってから既に2度、板橋にある某焼肉店を訪問しています。

しさと美味しさが止まらない、ここは曙橋の「ヒロミヤ」に匹敵する焼肉店だと思っているのですが(味、コスパともに)、たまにメディアに登場するも、予約が取れないほどには混雑しないのは、やはり板橋ということで、ちょっと行きにくいという発想になるからなんでしょうかね。

こちらの店は5,400円コースがオススメです。2時間コースで、飲み放題がついています。さらにライスが食べ放題なあたりも「ヒロミヤ」を思い起こさせるのですが、まさか都内に同じような店が存在しているとは思いませんでした。

なんといっても「ヒロミヤ」の次に予約を取ったら2020年でしたからね。

もちろん「ヒロミヤ」には「ヒロミヤ」の、そしてこちらの某焼肉店には某焼肉店の良さがありますので、単純に比較することはできないのですが、お手頃価格でお腹いっぱい美味しい焼肉を食べたい、ということであれば、こちらの某焼肉店も超オススメです。

たぶん検索すればすぐに分かると思いますが、いちおう某焼肉店ということでご紹介しておきます(自主規制)。

スポンサードリンク

5,400円コースで満腹すぎるほど焼肉を食べる

前回、今回と続けて5,400円コースを頼みました。

「やっぱり焼肉にはライスだろ!」と言いながら、大盛ライスを食べているせいもあるかとは思うのですが、〆の冷麺にたどり着く頃にはかなり満腹です。

冷麺の手前のホルモン(塩&タレ)のところで「え、まだ肉があったの!?」とメンバー全員が驚くほどです。

肉も盛りがよく、たいてい人数分以上が皿に盛られているので、ちょっとずつ満足感も積み上がっていきます。

ということで、食べたり呑んだりしたものを写真で掲載しておきますので、行きたくなったらぜひググって予約してみてくださいね!

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 01

冷凍レモンをたっぷり使用したレモンサワー。ここにどんどん中を継ぎ足して貰います。今回はずっとこれしか呑まなかったな〜。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 02

もやしのナムル。3人前。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 04

キムチ3人前。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 05

ハツ刺し3人前。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 06

煮込み3人前。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 07

名物のワイルドタンとタン、6人前ずつ。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 08

ワイルドタンは完全に極厚のやつ。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 09

肉に添えるとオススメのニンニクチップと塩コショウ。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 10

我慢できなくなって大ライス。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 11

分厚い肉を焼きます。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 12

さらに分厚い肉が出てきました。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 13

続けて分厚い肉を焼くことに。

そういえば、どういうわけか周りはカップルまたは男性2女性2のグループばかりでした。オジさん6人は我々だけ。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 14

美しい花のようです。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 15

野に咲く花のように。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 16

美味しい肉は人を優しくします。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 17

卵黄はライスの上にのせておきます。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 18

卵黄と柔らかい肉でこうします。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 19

卵かけご飯と肉という最終兵器が完成します。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 20

まだ肉が続くの! という驚き第1弾。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 21

まだまだ肉は止まらないぜ〜? という驚き第2弾。しかも、ホルモンの塩とタレ。これでもかという物量で、肉が〜! 肉が〜!

最後のこのあたりでは、人は美味しい肉でダメになってしまっている頃です。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 22

大ライスも1杯半は食べているのだけど、〆に出てきた冷麺も美味しいので、やっぱり食べてしまうの図。これが3人前です。つまりもう一つあるのです。

大量の肉とライスを食べた後に、〆に冷麺が出てくるのも「ヒロミヤ」によく似てますよね。

探してみてね

板橋の焼肉店ということで検索して頂くと、すぐに見つかると思いますので、食べてみたくなった人はぜひ検索してみてください。

「炭火焼肉ホルモン時楽」板橋本町 23

ちなみに、いつもこの某焼肉店に行く前は、近所にある1,000円3杯“沖縄せんべろ”の店「アバサー」で3杯引っ掛けてから向かっています。

にはこういうレビューもしいですよね!?

ごちそうさま!!!!!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【電動】「神泡サーバー2019」洗浄不要!缶ビールでもちもちクリーミーな美味い泡を実現【コツ】

次へ

【セブンイレブン】「蒙古タンメン中本 北極ブラック」黒い激辛味噌を食べた感想として