Kayama 6047

小浜島に宿泊した翌日、冬季ということで本来であればオープンしていないのですが、今回は取材ということで野うさぎの暮らす無人島「嘉弥真(カヤマ)島」 に上陸させて頂きました!

船を出して下さったのは「マリンサービス光」の光さんです。余談ですが、こちらのツアーはかなりお安いと思いますのでオススメです。光さん、イケメンです。

Kayama 6045

使用した船です。通常はもっと大きい船だそうですが、冬季でメンテナンス中だそうです。

Kayama 6046

カヤマ島に向け、出発!

Kayama 6048

海の青さ、キレイさが分かりますかね!

Kayama 6050

ウミガメがいるかなー、と思いましたが、残念ながら出会えませんでした。

Kayama 6053

上陸!

奥にレストハウスが見えますが、もちろん誰もおりません。

嘉弥真島 - Wikipediaによると‥‥

石垣市の観光ホテル「ホテルミヤヒラ」が島を丸ごと所有している(同ホテルでは「嘉弥真島」ではなく「カヤマ島」と表記)。島の南西側海岸にレストハウスがあり、シュノーケリングやスキューバダイビングなどの観光客を予約制で受け入れている。

なんと石垣島で宿泊していた「ホテルミヤヒラ」の所有だったのですね。

Kayama 6054

桟橋を振り返ります。

Kayama 6105

とりあえず島内の地図を確認しようと、レストハウスまで行くと‥‥

Kayama 6055

早速、野うさぎに遭遇!

うさぎというのはケージの中にいるというイメージがあるので、野うさぎがいると不思議な気持ちになります。

ちなみに、カヤマ島には数百羽の野うさぎがいると言われているそうです。

Kayama 6056

夏になれば、このレストハウスで食事をしたり、キャンプも可能のようです。

Kayama 6057

これが島の全体図です。周囲は約2.5kmなので、歩くことも十分に可能です。

Kayama 6058

とりあえず、時計回りに歩いてみました。

Kayama 6059

1月なので泳ぐのには寒いですが、泳げれば泳いでみたい!

Kayama 6060

すぐに岩場になります。

Kayama 6061

岩場には、不思議な模様の岩がありました。何やら直線的な?

Kayama 6062

こちらは島の中心部に向かって。ちょっと崖ぽくなっているので、浜辺のどこからでも島の中心部に迎えるという訳ではありません。

Kayama 6064

サンゴだらけの浜がありました。

Kayama 6065

星の砂があるという浜辺もあったので、しばらく探したのですが、残念ながら見つけることはできませんでした。くぅぅ。

Kayama 6067

浜には様々な形のガラスも打ち上げられていますが、ビーチグラスと呼ばれるそうで、ちょっとユニークな形のものもありました。

Kayama 6068

浜があったり、岩場があったり。

Kayama 6070

潮だまりにいたカニ。小魚や海ヘビ的な生物まで、けっこうな数の生物を観察することができます。

Kayama 6073

この貝は面白かったですよ!

足でぶつかったら、シューと水を噴水のように吹き出したんです。海中から外に出てしまった場合に、威嚇する方法なのかもしれませんね。

Kayama 6075

南の島らしく、ブルーの魚もいました。

Kayama 6077

これは恐らく「ギーラ」だと思います。シャコ貝ですね。小浜島の居酒屋「あーじゅ」のメニューにもありました。磯の味のする貝です。

Kayama 6079

桟橋のほぼ反対側に位置する「のっち岩」です。どれかがかしゆかで、どれかがあ〜ちゃんです。

Kayama 6081

ここまで2時間くらいでしょうか。潮だまりを観察しながら、随分と時間をかけて歩いてきました。

Kayama 6082

山頂に向かう道があったので、そちらにそれてみます。

Kayama 6084

流れ着いたヤシの実から芽が出てきた?

Kayama 6085

こうした岩場には、大量に野うさぎのフンが落ちています。あまり野うさぎ自体は見かけないのですが、こうした光景を見ると、本当に野うさぎが大量にいるんだと思います。

Kayama 6086

これはアダンの実です。実は繊維質で人間は食べませんが、芽はタケノコのような感じで美味しいです。

Kayama 6088

ずんずん。

Kayama 6089

ずんずんずん。

Kayama 6090

山頂に、ついたどーーー!

ちなみに、標高19mです。

Kayama 6091

周囲に高い草木はありませんので、見晴らしはよいです。

Kayama 6092

2kmくらいのところにある、小浜島もよく見えます。

携帯電話の電波状況としては、島の裏側に行くと繋がり難くなりますが、基本的にはソフトバンクでも大丈夫でした。

Kayama 6094

島を一回りしてレストハウスに戻ってくると、また野うさぎが近づいてきました。

Kayama 6095

人懐っこいというかなんというか、普段はエサを貰ったりしているのでしょうね。

Kayama 6096

落ちている葉っぱを食べる野うさぎ。

Kayama 6097

けっこう至近距離まで近寄ってきます。

Kayama 6098

ほれ。ほれ。

お気に召さないのか、食べませんでした。

Kayama 6099

ぽつーん。

Kayama 6100

待てー!

Kayama 6101

待てー!

うさぎだとペット感があるのでそんなことは思わないのですが、野うさぎになると急にジビエ感が漂い出しまして、なんとも美味しそうに見えてしまったのはここだけの話としておいてください。

Kayama 6106

浜辺のベンチ。

Kayama 6107

無人島でノマド。ドヤッ!

さて、カヤマ島に行くには「マリンサービス光」にお願いすると良いみたいです。

Kayama 6108

小浜島から片道10分ほどで無人島。無人島自体、なかなか行く機会がないと思いますし、子供連れなら海の生物を観察しながら島を一周すると非常に楽しいんじゃないかと思います!

たくさんの野うさぎと戯れたい方にもオススメの島ですね!

マリンサービス光」のブログを読んでいると、イカ釣りもしているみたいなんですよね〜。楽しそうだ。また行きたい!