Aju 6010

宿泊は「リゾナーレ小浜島」ですが、一人旅なので地元の居酒屋も覗いてみたく「あーじゅ」という居酒屋に行ってみました。島人も集まる素敵な店でした!

小浜島の居酒屋はクルマでの送迎が基本

小浜島にはタクシーがありませんので、島内の居酒屋はクルマでの送迎が基本となります。電話で予約すると、恐らくはホテルのフロントあたりで待ち合わせをして、店まで行くことになります。

小浜島は大きい島ではありませんから、だいたいは10分くらいでお店まで到着できるのではないでしようか。ぼくは集落の中心当たりにある「あーじゅ」という居酒屋に行きました。

Aju 6011

Aju 6012

Aju 6013

Aju 6014

Aju 6015

店に入ると、先客が何名かおりました。ちょっと遠慮してカウンター席に座り、オリオンビールを注文。

Aju 6016

やっぱり沖縄にきたら、オリオンビールが美味いですなぁ!

「あーじゅ」観光客だけでなく地元の人も

Aju 6017

こちらのお店は集落の中心部にあるので、観光客だけでなく、地元の方々も多く訪れるようです。

Aju 6018

お通しのポテトサラダ。

Aju 6019

ラフテー。柔らかいので箸で切れますよ、もちろん!

Aju 6020

島魚の天ぷら。一人で食べるには多かったけど、これが美味でした。

「あーじゅ」は三線・生歌も楽しめる!?

Aju 6022

そうこうしていると、島の若者が三線で歌ってくれることに。ガイドブックには「三線の歌謡ショーがあるかも」的なことが書かれていたのですが、まさかお客さんが歌ってくれようとは!

Aju 6023

しかも、歌詞カード常備!

ぼくは「島人ぬ宝」をリクエストさせて頂きましたよー。

何をリクエストしても弾けるし歌えるしで驚いたので「どこかで習うのですか」と聞いたら「飲み屋で」とおっしゃっていたのですが、実は小浜島は祭りの多い島で、子供の頃から笛や三線を習うのだと後から聞きました。

泡盛を飲みながらの生三線は最高でーーーす!!

Aju 6024

遅れてマグロの刺身も登場。これで700円だったかな? もちろん、このあたりで上がったマグロですよ。

Aju 6025

マグロ好きにはたまらないんじゃないですかね。一人で食べられる量ですか? と聞いて注文したのですが、さすがに9切れは多かった。

Aju 6026

海ブドウも平らげたし!

色々と食べてみたかったのですが、食べ物に関してはこのあたりでギブアップでした。

「あーじゅ」地元の方々との交流も楽しみの一つ

後は地元の方のテーブルに混ぜて頂き、いろんな話をしたり、腕相撲をしながら夜が更けていきました‥‥。

気付いたら22時過ぎ。店にきたのは18時半過ぎだっだ、3時間以上もいたことになります。楽しい島だったなぁ。

↑この方にもお会いしました!

小浜島ではリゾートホテルも良いですが、こんな風に地元の居酒屋に足を運び、地元の方と交流するのも楽しいと思います。

ごちそうさま!!!!!

島人ぬ居酒屋 あーじゅ [食べログ]

住所:沖縄県八重山郡竹富町字小浜43


大きな地図で見る