Risonare 6041

小浜島で宿泊したのは、星野リゾートのリゾートホテル「リゾナーレ小浜島」です(最近、運営が星野リゾートに変わったそうです)。星野リゾート、初体験です。

「リゾナーレ小浜島」内はカートで送迎

「リゾナーレ小浜島」に向かうには、小浜島港からシャトルバスを利用します。所用時間は10分ほどです。

レンタカーを借りて島を巡るなどしてから、ホテルに向かうと良いですね。

Risonare 6038

この建物がフロントです(お土産屋と飲料販売店が併設されています)。チェックインはこちらで。

なお「リゾナーレ小浜島」はとても広いので、離れたコテージに宿泊する場合は、カートによる送迎となります。

Risonare 6039

これが送迎用の電動カートです。9番フロントに電話して、迎えにきてもらいます。

もちろんカートを使用せずに徒歩でもOKですが、離れたところだと1kmほどあるそうです。部屋に行く時は下り坂ですが、レストランやフロントに行く時は上り坂になるので、カート利用が便利でしょう。

「リゾナーレ小浜島」で猛烈なリゾート感を!

Risonare 5996

今回、宿泊した部屋は、猛烈にリゾート&リゾートしておりました。一人での宿泊はかなり気が引けるような感じでしたが、新婚旅行やスペシャルな旅行で小浜島のリゾートを選択される方もいるでしょうから、心してレポートさせて頂きますね!

Risonare 5997

小振りな湖に面した部屋で、ベッドルームとあわせて最大4名の宿泊が可能です。

Risonare 5998

ジャ、ジャグジーがある!

Risonare 6007

余談ですが、深夜に酔っ払って部屋に戻り、お湯を張り、一人で曇り空を眺めていたのはここだけの秘密です。ああ、晴れている日に来たかった、と!

Risonare 5999

十分に2人が寝られるスペースです。親と子供みたいなシチュエーションなら良いですよね。

Risonare 6001

部屋も広い! テレビが遠い!

Risonare 6002

こちらが寝室です。先ほどのベッドスペースとあわせて、4人家族なら十分に宿泊できます。新婚旅行とかで来たら、最高でしょうなぁ。

Risonare 6003

ハリウッド映画に出てきそうなバスタブ。

え、日本?

Risonare 6004

そうです、ここが日本です。でも南の島です。

Risonare 6005

極め付けはサウナまで!

「リゾナーレ小浜島」の電波状況と食事

Risonare 6008

携帯電話の電波状況に言及しておきますと、ぼくはソフトバンクですが、場所によって弱くなる箇所がありました。離島なので致し方ない部分はあると思いますし、リゾートなので携帯電話はオフにしておくという選択肢もあり、ですね!

ちなみに、夕食はホテルのレストラン(コース料理とビュッフェ)を利用することもできますが、小浜島内の居酒屋等の飲食店を利用することも出来ます。

連泊する場合は、ちょっと外の空気を吸いに行くのも楽しいですよ。

ユニークかつ便利なのは、小浜島にはタクシーがないので、居酒屋はクルマでの送迎付きなのです!(全てかどうか分かりませんが数は多いです)

「リゾナーレ小浜島」の部屋に置いてあるガイドブックにも、島内の居酒屋の紹介が掲載されています。行きたい店には、電話して送迎をお願いできます。

ホテルの食事も良いですが、居酒屋で地のものを食べながら泡盛を飲むのも最高でした。

「リゾナーレ小浜島」朝食はビュッフェで

Risonare 6033

朝食はホテルでビュッフェでした。

Risonare 6037

フロント前にあるクラブハウスという建物で頂きました。

Risonare 6034

朝食を食べる時も、カートで送迎をお願いしました。

Risonare 6035

スパムが美味しかった!

「リゾナーレ小浜島」思ったよりリーズナブルに宿泊も?

後で調べてみると、ぼくが宿泊したのは「デラックススイート」というタイプの部屋のようです。今くらいの時期だと1泊18,500円となっていました。

超セレブな部屋だったので、もっと高いかと思っていたのですが、奮発したら泊まれそうですね。記念日とかには!

ツインルームなどは、7,000円前後から宿泊できたりして、そんなに遠い存在ではないのですね。石垣島では利便性の良いホテルを、小浜島に移動したらリゾートホテルを、なんていう使い方をすると良いと思いました!

ちなみに八重山でゴルフ場があるのは小浜島だけだそうで、ゴルフをしにきているお客さんも多いようでしたよ。

星野リゾート リゾナーレ 小浜島 <小浜島>