2012 02 23 1150

アップル、2012年後半に「iTunes Match」を国内展開だそうですよ。「iTunes Match」は、iTunesで購入した楽曲以外も、ネット経由の同期を可能にします。

自分のiTunesに登録されている楽曲と、iTunes Storeで販売されている楽曲のリストを突き合わせ、“マッチ”したものを「その人がiCloudで再生可能な曲」として、iCloud上のライブラリに追加。これにより様々なiOS機器やコンピューターで音楽ライブラリをネットワーク経由で同期できる。

これは便利な機能ですね。アメリカでは、年間24.99ドルで提供されています。

また、注目すべきことは、

今回のiTunes Storeリニューアルにあわせて、DRMフリー/256kbps AACの「iTunes Plus」の対象が「販売全楽曲」となり、多くの楽曲がDRMフリーとなっている。

ですね!

DRMフリー!

アップル、iTunes in the Cloudを始めとする新機能でiTunes Storeを強化 - ソニーの一部楽曲も取り扱い開始という記事に、さらに詳細がありますが、iTunes Plusの楽曲は、Apple以外が提供する音楽プレーヤーなどに転送して聞くこともできるようになります。

着信音・通知音の購入も。

購入した着信音・通知音は、電話の標準着信音に設定するだけでなく、特定の連絡先に紐付けて曲を割り当てることもできる(つまり、Aさんから電話がかかってきたときはビートルズの「From me to you」を鳴らす、といった設定が可能だ)。また、iMessageなどのメッセージ受信、カレンダー、リマインダーによる予定の通知にも割り当てることができる。

そして、ついにソニー・ミュージックの楽曲が提供されるようになったのも要注目ですね。

米Apple担当者に聞く「日本での音楽ビジネス強化」~DRM撤廃/3G対応で一般化を。iTunes Matchは今年後半~も併せてどうぞ。

ロウ:7年前(iTunes Music Storeの日本開始時)にダウンロードした曲だって、再ダウンロードできますよ。機器を買い換えた時も同様です。来月、来年iPhoneやiPod touchを買い換えても、すべてそこから再ダウンロードできます。非常にシンプルになります。