2012 02 22 1117

iTunes Storeで購入した音楽が、全てのデバイスに自動的に同期する「iTunes in the Cloud」日本でも開始しています。

iCloudは、あなたが新しく購入した曲を、Wi-Fiまたは3Gネットワーク経由ですべてのデバイスに自動的にダウンロードします。だから家でiTunesからiPadにダウンロードした曲を、会社に向かう間にiPhoneでさっそく楽しむことができます。

どういうことかというと「シンクする必要は一切ありません」ということですね。どのデバイスで購入しても、他の使っているデバイスに音楽が自動的に同期されるのが「iTunes in the Cloud」です。

また、以前に購入した音楽も、全てのデバイスにダウンロードできるようになります。これはかなり便利カモ。

ということで早速「iTunes in the Cloud」を試してみました。

iPhoneで楽曲を購入し、それがMacのiTunesにも現れるか確認します。

Itunes cloud 9004

まず、iPhoneで「iTunes in the Cloud」の設定を有効にします。「設定」から「Store」を開きます。

Itunes cloud 9005 1

自動ダウンロードの設定で「ミュージック」をオンにします。

続いて、MacのiTunesの設定を行ないます。

2012 02 22 1125

環境設定から「ミュージック」にチェックを入れておきます。

iPhoneで音楽を購入します。

Itunes cloud 9006

スピッツが原田真二をカバーした「タイム・トラベル」を購入してみます。

Itunes cloud 9007

購入なう。

iPhoneで聴けるのはもちろんですが、ほぼ同じタイミングでiTunesにもダウンロードされていました。これはすごいですね。

2012 02 22 1133

iTunesでしばしば音楽を購入する人には、猛烈に便利なんじゃないでしょうか、これは。

Itunes cloud 9008

さらに、Storeアプリの「購入済み」か「iPhoneに無いアイテム」を選択し、過去に他のデバイスで購入したものをダウンロードできるようにもなっています。