iPod事故34件未報告 日本アップルという記事より。

経済産業省は5日、携帯音楽プレーヤー「iPod nano」(アイポッド・ナノ)の初期モデルで充電中に過熱して故障するなど軽微な事故をアップルジャパンが34件報告していなかったと発表した。

アップルジャパンが「iPod nano」の初期モデルで、充電中に過熱して故障するといった事故が34件あったものの、報告していなかったと経済産業省が発表しています。

経産省によると、34件はすべて「周りの物が焦げた」「動かなくなった」などけが人のない事故だったが、通達で製品評価技術基盤機構(NITE)へ届ける必要があった。

幸いけが人などはない事故だったということです。アップルジャパンでは、国内外の事故概要や再発防止策などを経済産業省に報告したということです。

経産省によると、iPodの発火や過熱による事故で2007年11月以降、これまでに4人が軽いやけどをするなどした。

ツイッターのタイムラインでも見たことがありますが、バッテリが過熱して燃えるというのはちょっと怖いですね。万が一目を離していたら、火事になる恐れがありますし。

■関連記事

アップル、iPod事故34件を未報告

アップルジャパンは4日、消費生活用製品安全法に基づき経産省から求められていた同製品の国内外の事故概要や再発防止策などを報告した。