アップルの有料配信サイトが2位に浮上という記事より。

米電子機器大手アップルが展開する有料配信サイト「アイチューンズ・ストア」が2007年に米音楽小売業者として2位に浮上したことが、米調査会社NPDグループのまとめで26日分かった。

「iTunes Store」が、アメリカの音楽小売業者に2位になったというニュースです。ちなみにランキングは次のようになっています。

1位 ウォルマート(前年1位)
2位 iTunes Store(前年4位)
3位 ベストバイ(前年2位)
4位 ターゲット(前年3位)
5位 Amazon.com(前年5位)

ベストバイとターゲットを抜きさっての躍進ということです。

NPDグループによると、米国での楽曲の販売は、減少が続くCDからインターネットを通じた楽曲のダウンロードにシフト。

やはり、このあたりが鮮明に結果として出てきているのですね。10代で特に顕著な傾向が見られたということです。

いずれ「CDってなに?」という時代も遠くなく‥‥。

 iTunes Store(Japan)

■関連記事

米国の小売りでアップル2位浮上

店頭販売中心の小売業者が苦戦する中、若者に人気のデジタル携帯プレーヤー、iPod(アイポッド)を軸にオンライン向けに特化して配信事業を展開したアップルは堅調だった。