Macworldの基調講演では、2つめのトピックとして「iPhone/iPod touch」に関する発表が行われました。

Itunes 51

「iPhone」に関しては、

・200日で400万台販売した(1日に2万台)
・2月にSDKリリース
・Maps with location, Webclips, Customize home screen, SMS multiple people, Lyricsなどの機能追加

といった発表が行われました。

日本のユーザとして気になるのは「iPod touch」ですが、Mail、マップ、天気、メモ、株価という5つのアプリケーションが発表されています。

1月15日以降に出荷される「iPod touch」はプリインストールですが、それ以前のものはアップグレードが必要です。

2,480円の有償アップデートとなり、iTunes Storeよりソフトウェアアップグレードiconが可能です。

Ipodtouchup1

「マップ」の説明を見ると、

Googleマップで道順を調べたり、自分が今いる場所を確認しましょう。iPod touchがWi-Fiネットワークを利用して(Wi-Fi機能がオンの場合)現在地を調べ、そこからの道順を教えてくれます。

となっているのですが、これは日本からでも利用可能なのでしょうかね。

今はJailBreakeして使用していますが、もっぱらSafariを利用しているので、純正アップグレードしてみようかな、と思っています。

以下に関連記事をまとめておきます。

iPod touchに5つのアプリケーションが追加

MailはHTMLメールならびにPDF、Word、Excelの閲覧も可能。マップはGoogleマップを利用し、地図表示のほかナビゲーションも行える。天気は向こう1週間の天気を、Stocksは任意の銘柄について日/週/月/半年/1年/2年足を表示できる。メモはメモを取るほか、ToDoリストの作製も行える。

■Macworld Expo関連エントリー

「Macworld 2008」基調講演を中継するサイトのまとめ
「Macworld Expo 2008」基調講演レポート
「MacBook Air」注文完了!
「MacBook Air」まとめ
「Time Capsule」まとめ
「iPhone/iPod touch」まとめ
「Apple TV」まとめ
「Macworld 2008」で発表された製品のまとめ