「iPod touch」を"JailBreak"すると「VNsea」というVNCクライアントソフトが利用可能になります。

そして「Mac OS X 10.5 "Leopard"」には「画面共有」という名のVNCがあります。

Img 0265

ということで!

両方を使うと「iPod touch」からMacBookにリモートアクセスして操作することができるようになる‥‥ので、試してみました。

#事前に「iPod touch」を"JailBreak"しInstallerから「VNsea」をインストールしておきます。

「システム環境設定」から「共有」を開きます。

Leo Vnc1-1

「画面共有」をチェックします。「VNsea」からアクセスするためのIPアドレスが表示されます。この場合は「10.0.1.5」です。

さらに「コンピュータ設定」も‥‥

Leo Vnc2

このように設定しておきます。

続いて「VNsea」を起動し、接続先の設定をします。

Img 0263

完了するとリストに出てきます。

Img 0264

「mac」をタップすると‥‥

Img 0256

出た!

MacBookに接続し、リモートアクセスしています。

こうすると分かりやすいでしょうか?

Img 0257

MacBookの画面が「iPod touch」に表示されていることが分かります。

画面を横にするとこんな感じです。

Img 0260-1

MacBookと比較すると‥‥

Img 0261

画面が非常にキレイで驚きました。

実際の操作に関しては、マウスの代わりに指で操作します。指先なので、多少の慣れは必要でしょうが、ちょっとした操作ならできるようになる予感がします。

なお、細かい作業に関しては「ピンチアウト」(画面をズーム)して操作するとやりやすいです(当たり前ですが)。

さらに画面をズームしている時にスクロールしたくなると思うのですが、いつもの調子で指で画面をなぞるとそれはそのままマウスでなぞることになります。

画面スクロールはMacBookのマウスパッドのように、二本指で同時にタップしながらスクロールです。

Img 0259

Img 0262

VNCなので、もちろん「iPod touch」以外のクライアントからもリモートアクセスすることができます。

例えばWindowsだと「TightVNC」などのソフトを使えばOKのはずです。Windows Mobileにも「.NET VNC Viewer」というクライアントがありました。

追記:「iPod touch」レポートのまとめもぜひご覧ください(その他のレポートもあります)。

Apple Store(Japan)