Appleが「iPhone」「iPod touch」用のSDKを提供する意向であることが発表されました。

Img 9415-2

SDKは"Software Development Kit"の略です。リリース時期は2008年2月を予定しています。

Steve Jobs、iPhone のサードパーティアプリ開発を認める、と発表というエントリーで、詳細な訳が伝えられています。

ポイントは、

・オープン/セキュリティを両立させるのに時間がかかる
・デジタル署名を採用する予定

と、いったところでしょうか。

このメッセージはSteve Jobsの署名付きとなっています。

これまでかたくなにサードパーティー製のアプリケーションを拒絶してきたiPhone/iPod touchですが、これで大きくゆくえが変わります。

既に“JailBreak”してアプリケーションを楽しんでいますが、確かにこれは便利です。iPodがミュージックプレーヤーを超えた「何か」になっています。

ある意味ではPDA的な使い方といって良いと思いますが、ものすごい数の人たちがPDAを手にするなんて想像できませんね。彼らがソフトをインストールしたりアンインストールしたり。

入口はiPodというミュージックプレーヤーでしたが、Appleはそこから“世界”を変えようとしているのかもしれません。

その内、女子高生がマクドナルドでものすごい勢いでソフトウェアキーボードをタッチタイプするようになったりして。

もしかすると「iPod touch」をキッカケにして、ホットスポットが増えるかもしれませんよ。喫茶店の入口に「iPod touch対応してます」とか?

これから何が起こるんだろう。ワクワクします。

そして「祝iPhone開放、ほしいアプリリスト公開」で書かれているように、

・Bluetoothキーボードのドライバ
・ニコニコ動画プレーヤー
・Jedit
・mixi Dock

が実現したら楽しいだろうなぁ。ミニMacだ!

個人的には、

・ecto(などのブログエディタ)

が動いて、デジカメと接続して写真を吸い上げて、それを使ってブログを書けるようになったら‥‥‥いいな。

追記:「iPod touch」レポートのまとめもぜひご覧ください(その他のレポートもあります)。

Apple Store(Japan)