「iPod touch」が届いてからこの方、まともにヘッドフォンで音楽を聴いたことがありません。

Img 9334-1

音楽を聴くなら「iPod nano」という感じで、「iPod touch」はジーンズのポケットに収まっています。

持っているだけで満たされる不思議なガジェットですが、何をするのかというと、ウェブをブラウズしたり、そしてメールを見たりしているのです。

例えば「自宅で使うか?」と思うかもしれませんが、これが使うんです。

わざわざMacBookを開くことなく、手軽にサクッとメールチェックや調べものをすることができます。

自分でも意外なのですが、恐らく、

・スリープからの起動が速い
・Safariの起動が速い
・バッテリの持ちが良い

といったことが関係しているのかな、と思っています。とにかくサクサクです。これは本当に使う気にさせられます。

ブラウズするということに関しては、リッピングした動画を見たり、YouTubeを見たり、iPhotoから写真を転送したりといったこともありますね。

アドエスだってWiFiが使えるんです。でも、電話というのは持ち歩くものなので、普段はあまりバッテリを消費したくないのですね。

そういう意味では、絶対的な必要性があまりない「iPod touch」でのブラウズが、理にかなっているのかな、と思います。バッテリの持ちも良いですし。

「iPod touch」は購入したけれど音楽は聴いていない、という人は意外に多いのではないでしょうか?

例えばアメリカでも「iPhone」が似たような使われ方をしているようです。

TAROSITE.NET: iPhoneはとにかくイケてるMail端末 - 活字の国のインターフェイス

5人とも、イヤホンなど一切つけずに、一生懸命タイピングをしているのである。他のBlackBerryユーザーと同じように。そのうちの1人はiPhoneでタイピングしながらもう1台のケータイで電話をしているヒトまで見つけてしまった(その人は女性だった)。なんだかちょっと、混乱してくる。

「iPhone」には「Mail」がプリインストールされているので、それを熱心に使われているようです。

「iPhone」は電話機能もありますが、それよりはどこでもネットに繋がるメール・ウェブブラウザ端末としての利便性が高いのかもしれませんね。

まあ「iPod touch」には電話機能はない訳ですが、普通に便利ですし、今後、ホットスポットがより拡大していくことに期待して止みません。

あとは思うのは「iPod」と冠されていなければ、こんなには売れなかったのでしょうね、ということ。

Apple Crazyだったら間違いなく手にするガジェットだと思いますが、これが普通にPDAとしてリリースされたんだとしたら、それ以外の人たちの興味はそそらなかったのではないかと。

そして音楽も聴けるから、と買ってみたら、今度は音楽は聴かずにネットばかり見ているという、ぼくにとってはとてもユニークな「iPod touch」です。

文字入力も慣れればそれなりですし、今後、どのようなアプリケーションが追加されるのか、興味津々です。システムのバージョンアップで、かなりの可能性を秘めています。

追記:「iPod touch」レポートのまとめもぜひご覧ください(その他のレポートもあります)。

Apple Store(Japan)