新ラインアップに“iPod”の真髄を見た(前編)という記事より。

そういわれれば、歴代のiPodの中にも、最初に写真を見たときはギョっと目を見張ったものの、実際にものを見たり、触れたり、使い込んだりしていくうちに、その美しさに惚れ惚れしてきた、というケースが少なくない。

nobiさんによるiPodレビューです。その中編に「iPod touch ≠ iPhone − 電話機能」という段落があります。

そのためiPod touchを、“iPhoneから通話機能を取ったもの”程度に思っている人もいるかもしれないが、これはまったくの誤解だ。

他にも「iPod touch」は「iPhone」から取り去れているものがいろいろとあって、

・内蔵カメラ
・マイク
・電子メール
・Notes

などがないそうです。つまりこれはどういうことかというと「iPodはコンテンツを消費する“ビューワー”」なのだと。

そう言われてみれば確かにそうですね。

1つめはSafariでウェブコンテンツを楽しむため、2つめはYouTubeで動画を検索するため、そして3つめはiTunes Wi-Fi Music Storeで目的の音楽を探し出すため。

基本的には文字入力も、コンテンツを見るためにあると言えます。カレンダーも閲覧はできるけど、現時点では入力ができないそうです。

ブラザーな製品ですが、方向付けははっきりと分かれているのでした。

後編では次のように。

iPhoneが欲しくても買えない、米国外在住者の渇望感がピークに達しているところに、バッチリのタイミングでiPod touchを投入するあたりは脱帽するしかない。

ああもう。本当にそうですね。

特に発売未定な日本ではそうでしょう。ぼくも発売を知った瞬間に、ポチッとしていまいましたから。

Apple iPod touch 16GB MA627J/A

Apple iPod touch 16GB MA627J/A

Apple iPod touch 8GB MA623J/A

Apple iPod touch 8GB MA623J/A