英EMI、楽曲のDRMフリー配信を発表。東芝EMIは「対応を検討」という記事より。

英EMI Groupは現地時間2日にプレスカンファレンスを開催し、著作権保護技術を施さない楽曲の配信を全世界で開始すると発表した。

DRMフリーになれば、iTunesだけでなく他のプレーヤーでも再生することができるようになりますが、多くの利用者が待ち望んでいるところでもあるでしょう。

iTunes Storeでは、1曲1.29ドル(1.29ユーロ/0.99ポンド)でDRMフリーの楽曲を販売。ファイル形式はAAC、ビットレートは256kbpsと、現行のDRM付き楽曲の128kbpsよりも高く、音質向上が図られている。

2007年5月には、iTSでもDRMフリーの楽曲が配信されるようになるということです。アルバム単位での販売は価格据え置きでDRMフリーになるとのこと。

Appleとしては、iPodが使われないとしても、iTSでの楽曲販売が増えることでメリットがあるでしょうか。iTSが使われるということは、連携しているiPodのマーケティングにもなりますし。

過去の楽曲がどうなるのかちょっと気になったのですが、

すでに楽曲を購入したユーザーに対しては1曲30セント(0.30ユーロ/0.20ポンド)で、DRMフリー楽曲へのアップグレードも行なう。

という措置も行われるのですね。これはありがたいかもしれません。

気になるのは日本での展開ですが、東芝EMI、DRMなし販売は「検討中」によると、

国内でもDRMなしの楽曲販売について検討していることを明らかにした

ということで、日本でも可能性があるのですね。東芝EMIでは東芝、EMI株を売却なんていうニュースもありました。

■関連記事

EMI、全楽曲を「DRMなし」に――iTunes Storeで販売

Appleのスティーブ・ジョブズCEOはDRMフリー楽曲の販売を「ワールドワイドで5月中にスタートする」とし、「年内にiTunesで販売するうちの過半数がDRMフリーになる」と述べている。

EMI Group、iTunes StoreでDRMフリーの楽曲を販売へ

Nicoli氏によれば、社内でテストしたところ、高音質でDRMフリーの楽曲は、コピー防止機能付きで音質の劣る楽曲よりも10倍よく売れるとの結果が得られたという。