iPod課金、反対が賛成の4倍超-パブリックコメント中間報告という記事。

文化審議会著作権分科会法制小委員会は9月30日、第8回審議にて現在募集中のいわゆる「iPod課金」についてのパブリックコメントの中間集計を報告した。

中間集計によると、寄せられた意見は全部で167件で、

・賛成 17件
・反対 80件

と、反対が4倍以上になっているとのことです。その他の意見としては「制度を遵守すべきという意見が2件」「現行制度を廃止すべきとの意見が27件」など。

■関連記事

「iPod課金すべきではない」が80件〜文化審議会が意見募集の中間集計

争点のひとつであるiPodなどのデジタルオーディオプレーヤーを私的録音録画補償制度に政令指定するいわゆる“iPod課金”に関しては、「指定すべきでない」との意見が80件と「指定すべき」との17件を大きく上回った。