Apple、超薄型軽量の「iPod nano」発表という記事より。

米Appleは9月7日、超小型軽量の音楽プレーヤー「iPod nano」を発表した。薄型でサイズは競合プレーヤーの半分以下の6.9mm、重さは約40グラム。最もファッショナブルなウェアラブルiPodをうたっている。

Appleから新しいiPodシリーズ「iPod nano」が発表されました。

ビデオ版が登場すると信じていたので、個人的には軽い肩すかしの気分なのですが、それでもこのデザインは十分なインパクトがあります。しかもネーミングがうまいな。「nano」ですよ。

iPodなの。萌え。

iPod nanoの容量は4Gバイトと2Gバイト、色はホワイトとブラック。カラースクリーンを備え、アルバムアートやスライドショーを表示させたりゲームに利用できる。

iPodをスマートにさせたイメージですが、なんとも薄い6.9mmです。板チョコみたいな感じです。ペラリ。500曲入る2GB、1,000曲入る4GBで、一般的にはこれで問題のない容量なんでしょうね。デザインが良いし、スペースも取らないし、容量以前の問題か?

価格は21,800円と27,800円です。

これに伴い「iPod mini」というカテゴリーはなくなりました。「iPod mini」から「iPod nano」にリプレースされたことになります。

USB 2.0でMacまたはWindows PCに接続してiTunesソフト経由で楽曲を転送できる。バッテリー持続時間は最大14時間。

しかし、自分で購入するかと聞かれれば「?」かも。現在使っている初代iPodでも満足していると言えば満足しています。スライドショーが見られたりカラーの液晶は確かに魅力的なのですが、容量が変わらないということがネックでしょうか。

でも、実物見ちゃったらグラグラしたりするんだろうなー。間違いないぞ。見ないようにしよう。

あ、ぼく10月が誕生月なんですよね。誰かくれないかな? くれないか。
でもくれる人もいるかもしれないな? いないか。

iPod nano

ipodnano_125-125.gif